ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
サイコーでした。
カセットで思い出の曲をききながら戦う主人公がかっこいいし、曲もいい!
SFの世界なのにカセットっていう、ミスマッチなはずなのにそこが良い味出してました。
ベタだけど、グルートが素敵です。

ジャージー・ボーイズ
これも曲が良かったな~。
フォーシーズンズっていうバンド知らなかったけど、曲は知ってるのばっかりだった。
主人公がこれまた甘い声でね…。
実際のフォーシーズンズも聞いてみたけど、映画のほうが好きかもしれないです(笑)
好きすぎてサントラ買いました。

美女と野獣
ベラの衣装が超素敵!
ベラのファッションショー映画でした。
ストーリーはまぁ…、美女と野獣だからね。
来年はシンデレラも実写化するらしいし、実写化流行ってるのかな?

インター・ステラー
ちょっとラストが急展開でついていけなかったけど、インセプションに引き続きノーランワールドに連れていかれました(笑)
宇宙だけじゃなくて親子愛も大きなテーマなんだろうけど、親子が抱き合って涙を流しあう展開はもういいかな…。
あとタースがかわいいです。

6才のボクが、大人になるまで
撮影期間12年間っていうところでまずすごい!
大きな展開があるわけではないけれど、それこそが素晴らしい映画だと思いました…。
なんといってもリンクレイター監督だからね。ビフォアシリーズに引き続き日常描写と会話がすごく自然でお洒落だし、相変わらずイーサンホーク素敵!

ゴーン・ガール
すごいミステリー映画!結婚こわいだけじゃ済まされない展開ですよ…。
意外とお似合い夫婦だと思うんだけどな(笑)
いろいろ書きたいけどミステリーだからね、ネタバレになっちゃう。

ベイマックス
今年の映画納め。今日見てきました。
サイコー&サイコー!!
隣に座ってた小学生と同じタイミングで笑い、同じタイミングで号泣しました(笑)
ベイマックスかわいい!そしてヒーローアクション超かっこいい!
今年最後にこんなに良い映画が見れてうれしい。


紅白見ながらの更新なので雑な感想です。
今年のベスト10は今年のうちに書きたかったけど、今日まで映画見てたからね。年明け書こうかな。

みなさま良いお年を!


コメント

  1. ちさっぴ | -

    6歳の〜は、新婚旅行いく飛行機の中でたかあきが見てて、なんなんやこの映画、不思議でもやもやするって言いよったわ(笑)

    ( 22:58 )

  2. ゆっきーな | -

    さすが海外旅行!飛行機でもう見れるんやね!
    最後までなにも起こらん映画やけんね(笑)
    毎年夏に同じ俳優さんを12年間撮影し続けとるのがすごくて、場面が変わるたびに「なんか成長しとる!」って親戚のような気持ちになれるとよ〜(笑)

    ( 23:14 )

  3. ? | -

    さーいよいよ2015年始まりましたね。今年もよろしくお願い致します。
    すげー久々に紅白見た…んだけど何かあのラストの衣装の豪華な人いなくなってません?

    ・インターステラ―
    評価が分かれると思いますが、俺は100点です。

    確かに主人公がバイナリでメッセージを伝えるあたりはちょっと急展開だったかも。でもこの映画とても楽しめました。
    ノーラン(以下C.N.)さんは期待値がとても高くなってしまうけど今回は期待に応えたレベルだったと思います。

    親子愛はテーマの一つですね。同時にそれ以外の愛の要素も入っていたと思います。最後どちらの星に行くかの議論そして、映画ラストのアン・ハサウェイのカット、もし最初から彼が待つ星を選んでいたなら…とか思わずにいられません。

    また、予告篇に名前が全く出てこなかったあの有名俳優、非常に良い役どころで出てきましたが、吹き飛ぶ結末も含めて驚きました。
    「私は誘惑に負けた」博士…そりゃ負けるでしょうね。俺も騙された。この人はC.N.作品に今後も出てきて欲しい。

    マイケルケイン(あの年老いた教授ね)はこれでもういくつめになりました?C.N.作品は。お互い気に入ってるんでしょうね。

    「ユリイカ」…イカの一種じゃなかったんだね…(恥)今度から本屋で読む時はそーゆーつもりで読んでみる。

    あと、エンドロールのコダックのロゴ部分の一文。
    「この映画はフィルムで撮影されています」
    デジタルじゃなくてフィルムだという、C.N.の強いこだわりを感じました。好きなだけフィルム使ってよ。

    言い足りないけどねー、「アルマゲドン」ほど単純じゃないけど「2001年宇宙の旅」より鮮やかな。
    この言葉の意味が分かる世代の方々に見てほしい、そんな逸品。



    ・ゴーン ガール
    インターステラ―万歳!で終わろうと思ってたんですけどね。念のためにコレ見たんですよ。念のためにさ。
    そしたらさー、これスゴイね。この監督はセブンといい、ドラゴンタトゥーといい、なんか暗い。静かで 暗いし 狂ってるけど 面白い。
    C.N.もこの監督も人物がよく描かれてると思うんですが、C.N.と違う方向で突き抜けてる感あります。

    ローレル氏の感想が聞きたいトコですね。結婚こわいつーかなんつーか…
    「怒らせないでね」
    みたいなメッセージを受け取った気がしました。こえぇ…

    ( 22:32 )

  4. ゆっきーな | -

    明けましておめでとうございます!
    わたしま毎年真剣に紅白見てますよ!


    インター・ステラー100点でしたか~!
    わたしはラストきょとん&娘愛がすごい&息子の存在はいったい‥ってところがちょっと駄目だったんですが、しかしアン・ハサウェイのところですね、激しく同感です。わたしはどちらの星に行くのかのシーンではアン・ハサウェイではなく主人公に同意しながら見てたので、その後の展開はもう…!
    そしてなんといってもあの人!サイテーですね!(笑)ここがいちばんびっくりしたところで完全に騙されました。

    あ、「ユリイカ!」はわたしも初めて意味を知りました(恥)。
    あそこのシーンもすごく爽快で良いですよね。

    残念ながらわたしは「2001年宇宙の旅」は見てないんですが、とあるラジオで「インター・ステラーはバカっぽくないアルマゲドン!」って言っててちょっと笑いましたwわたしアルマゲドン大好きですけどね。

    ノーラン監督のフィルムへのこだわりってこんなにすごいんだということも今回初めて知りました。
    是非フィルムで撮り続けてほしいですね。


    ゴーン・ガール、すごい映画でしたね~!
    妻のあのシーンはやりすぎでちょっとギャグ入ってましたが、なんだかんだでお似合い夫婦では…?というのがわたしの結論です。
    この映画では極端ですが、結局お互いに世間の目を意識して良い夫婦を演じて生活していくっていうのは普通の夫婦にも言えることですよね。夫婦になったことないんでわかりませんが(笑)。
    そして妻の恐ろしさが強調されてましたが、わたしは夫もサイテーだと思いますw
    この映画をローレル氏と一緒に見に行かなくて良かったなぁとつくづく思いました…。

    ローレル氏は「インター・ステラー」は見たようなので、?さんと話したいって言ってましたよ~。
    インフルのせいでお会いできなかったようで残念です(:_;)

    ( 22:34 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最新記事