最近生活がだらだらで睡眠時間が毎日10時間ぐらいだよ~。どうすればいいのこれ。

6月読んだ本です。

エラリー・クイーン『Yの悲劇』

悪い血であったり呪われた家系であったりいまだと間違いなく非難されちゃう表現だろうけどその古さがまた良いですね。『Xの悲劇』がそんなに好みではなかったので『Yの悲劇』にはなかなか手が伸びていませんでしたが、読んでよかった。犯人は「こいつがあやしい!」とは思っていましたがまさかね。
それはそうと、どの小説でもそうですけれど、探偵さんってほんともったいぶるよね。ドルリーさんは渋かっこいいおじさん。

ガストン・ルルー『黄色い部屋の謎』

探偵を務めるのはルールタビーユさん。こいつが十代のくせに頭良くって生意気でいかにもフランス人っぽいです(偏見)。好みじゃないです(重要)。このミステリーは謎解きが長すぎて読むのきつかったな。ミステリー定番の「どうやって密室で殺人が?」がメインですが、結果はわたしには「それはずるいだろ!」とつっこみを入れたくなるものでした。
ガストン・ルルーは『オペラ座の怪人』が一番有名よね。映画はみたけど覚えてないな。

ジョン・ディクスン・カー『火刑法廷』

こ、これは…!何を言ってもネタバレになりそうでなにも書けない。めちゃくちゃおもしろかった。不気味。こわい。

ヴァン・ダイン『僧正殺人事件』

マザーグースの歌が良い感じにこわい。というかマザーグースって酷いお話が多いこと知らなかった。しかし名探偵ファイロ・ヴァンスさん、最後悪気もなくそれやっていいん?ドルリーさんを見習ってください。

小野不由美『丕緒の鳥』

待望の十二国記シリーズ新刊きたあああああ!!十二年ぶりらしいです。待たせすぎ(笑)!
短編集ということで、いままでは王と麒麟のお話が中心でしたが、今回は番外編で庶民のお話といったところでしょうか。十二国記シリーズといえば昔の中国っぽい、いやいやでも全然異世界みたいな壮大な世界観が好きなのですが、庶民のお話となるとそういったファンタジーっぽさが全然なく普通だったのでそこはちょっと物足りなかったかもしれん。
ストーリーは良かった。タイトルにもなっている最初の短編「丕緒の鳥」がいまいちだったので勝手に不安に思ってたけど他の短編が良かったので満足です。
いままでは講談社文庫から出版されてたけど、もう完全に新潮文庫にうつってしまったみたいです。どこの文庫でも読めるなら構わないけど、新潮文庫シリーズはこの『丕緒の鳥』もそうだけど表紙が人物の絵なのがあんまり好きじゃないんだよなあ。ルックスを妄想するのが楽しいのに…。景麒は絶対イケメンだと思っているよわたしは!

中井英夫『虚無への供物』

ついに日本三大奇書のひとつに挑む!奇書っていうからどんだけ読みにくいんだろう…と思っていたけどいまのところそうでもない。読みやすいです。まだ上巻しか読んでないからこれからどうなるか楽しみ。

みた映画

「阪急電車」

小説が胸キュンで結構好きなので期待してたけど、映像化するとどうして陳腐な感じになってしまうんだろうか。でも大学生の男女の話(ミリオタくんの話ね)はギャグ要素も取り込んでておもしろかった。というかただ勝地くんが好きです。「髑髏城の七人」見てからずっと気になってる。きゅん。

「華麗なるギャツビー」
そんなに華麗じゃなかった。ディカプリオにときめく予定だったのにときめかなかった。老けた?
ストーリーも単調だったし魅力的なキャラもあんまりいなかったしな~。好みの問題だろうけど。原作はもっと違うんだろうか?読んでたら比較できておもしろかったかもしれん。

「言の葉の庭」

新宿御苑で金麦飲みたいです。※飲酒禁止です。
主人公が仕事に悩む27歳だったので図々しくも共感した。ごめんなさい。
エンディング曲が良くて涙出そうになった。 歌は秦基博さんで、作詞・作曲は大江千里さんらしい。いいね!
あと、「言の葉の庭」本編の前にあるミニムービーみたいなのが良くて泣いた。ただ携帯やら車やら近未来的だったのが謎である。

今週は土日出勤なので本日はお休みです。だらだら。


コメント

  1. ともにー | -

    平日の昼に更新とは、不意をつきますね!

    それでは、春アニメの総評です。

    「進撃の巨人」
    期待の漫画のアニメ化。期待を超える出来みたいで、また巨人ブームが起きてますね。
    立体機動の映像は確かにすごい。しかし福岡だけ映像が間に合ってなかったのは絶対に許さない。

    「翠星のガルガンディア」
    なんとなく日曜朝9時ぐらいからやってそうな、SFロボットアニメ。
    かとおもいきや、やっぱり脚本虚淵は裏切らなかった。
    ただ最近新世界よりを観てたから、驚きは少なめかな…

    「はたらく魔王さま!」
    個人的に今回のクールの最大のヒット作。
    魔王が異界から笹塚に飛ばされ、労働の喜びを知るというアニメ。
    設定の面白さと、魅力的なキャラクターで安心して楽しめます。

    「惡の華」
    これも期待の漫画原作だったのが、まさかの手法により、キャラデザがすごいことにw
    悪い意味で噂になったけど、OP、EDともに原作の雰囲気にあってて良い!
    原作好きなら見たほうがいいと思います。

    番外編
    「言の葉の庭」
    あの映像だけでも新海作品観る価値あるよね。音楽も良かった。
    でも、個人的にラストの展開は好きじゃないです。
    なんていうか急にテンション上がり過ぎじゃない?w

    あとは、おれいも、レールガン、アザゼルさん等の2期や俺ガイル、むろみさんなどが良かったです。

    ( 12:51 )

  2. ゆっきーな | -

    くっ!またコメント欄でアニメ感想ブログ書かれてしまった!
    言の葉の庭は確かにこれまで静かな映画だったのにそこで盛り上がるのか!って感じはあるよね。そして27歳と15歳って羨ま…いやなんでもないです。
    ちなみにむろみさんは彼氏が好んでみてました。博多弁が良いらしいです。わたしは真顔で見てました。

    ( 22:10 )

  3. HOROBINO | -

    え?

    最近、睡眠時間が毎日10時間。
    どうすればいいかって?

    …新しい趣味でも始めます?


    いや、ちょっと難しいかもしれませんけどね。
    何したらいいんでしょうねぇ…。

















    え?BBQ?




    今、BBQって言った?







    あの肉の?



    いや、BBQ、朝からやるものじゃないからさ。

    BBQはないんじゃないかなー。

    毎朝早起きしてBBQしてたらある意味すげえけどさ。…大丈夫?


    まあ、うん…何かアレです。
    主のお口に合う、上等な肉質のは準備できないかもしれないですけど、「久々に何か食べながら、会話のリハビリでもしよっかなー…」とか思うなら、俺たちは、悪くない相手ですよ。


    ささ、変なこと言ってないでいつもの話をしましょうぜ。
    ・カー『火刑法廷』そして小野不由美
    この本の前にですけどね、6月のこのミステリのセレクトはひょっとして『十角館』の影響…じゃないっすか?面白かったですよ~言ってる意味が分かった。
    俺も唸ったわ。文句ないっす。
    そしてこのメイントリックが嫁である小野さんのアイデアってあとがきで読んで、十二国記と言いこの小野さんて人は変態さんなんだなって思った。いい意味で。

    でも、十角館は良かったけれどもこのカーのは、最後のオカルト的な感じが余計かなと思った僕は。不気味な感じは認めますが、何か正統派を求めてしまいましたゴメンナサイ。
    このオカルト的部分で評価されてるなら、そんなでもないかなーとか思ってしまいましたよ。これのせいかカーの他のを読んでないっす…。


    ・『阪急電車』
    陳腐な感じなのですかい。残念なことであるよ。じゃー私見ないわ。

    ・『グレードギャツビー』
    マジかー。俺もディカプリオさんに期待してたのになー。老けたけど、老けてから結構シブい魅力感じない?『タイタニック』の時とは全然違う、『ギャングオブニューヨーク』『ディパーテッド』『インセプション』の時みたいなシブいディカプリオ。
    若いときも好きです。でも年取ってからの方がもーっと好きです。
    何かギャング的な役が結構イイと思ってる。

    ちなみに原作は60点くらいだと思いました。世間の評価は高いけど、自分がまだその良さ、深みを理解できるレベルになってなかった。



    …そう、もうそんな時間ですか。ローレルさん先に行って下さい。俺らの酸素も持ってってイイよ。大浦さんのも。
    いや何かあの人、チベットで修行して、少々酸素が無くても大丈夫で、
    「むしろ無酸素でも(笑)」

    とか言ってたからもう酸素無くてもいいんだと思う。

    でもさー、そんかわり、随分昔、ほら、あのブログで『ロビンフッド』酷評しちゃったけど、アレ、これでチャラにしてね。いや今でも作品自体は微妙と思うけど、
    君があの映画好きだって知らなかったからさ。酷評したのスマンかった。ごめん。

    それがずっと引っかかってた。後は頼んだっスよ。


    さー、十分に 離れたら どっち ワイヤ切 いい

    ( 22:28 )

  4. HOROBINOD | -

    ( 22:29 )

  5. hoROBINod | -

    てー…

    ( 22:30 )

  6. ゆっきーな | -

    BBQの前置き長くて笑いましたwすいません、最近ポケモンに熱中しておりましてブログのこともBBQのことも脳内から去っておりました…!あんちゃんと先日ちょっぴり会話のリハビリしてきたんで大丈夫です!

    先月の本のセレクトはおっしゃるとおり『十角館』の影響です!これを読んでから海外ミステリー読みたい欲がむくむくとわいてきてですね。ちなみに綾辻さんの妻が小野さんってこの本のあとがき読んで初めて知りました…。いやもう小野不由美さんすごいです。頭のなかにどんな世界が広がっているんだか。

    カーの『火刑法廷』はあのオカルトっぽさがわたしは大好きでしたよー。名探偵登場そして解決!という正統派から大幅にずれた感じがたまらんです。好みの問題でしょうねー!

    ディカプリオさんは最近のと言えばインセプションぐらいしか見てないんですが、あれはかっこよかったですね。となるとギャツビーでそんなにかっこいいと思わなかったのは役柄のせいかもしれないです。ギャツビーさん同じ女の人ずっと好きで純愛かもしれないけどちょっと怖いというか。
    原作は60点ですか。映画の雰囲気からするとわたしも原作最高!とはたぶんならないだろうなぁ。

    あと映画『阪急電車』はわたしがひとりで見てたらまた感想違ったかもしれないです。実際はローレルさんとなんやかんや言いながら見てたんで…(笑)。

    今月はお勧めしてもらった本が手元にいっぱいあるんで、また改めて感想書きます(`・ω・´)

    ( 00:17 )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)



最新記事