月末業務終了です。
わたしは請求書を作成する業務などをしているので、月末月初は忙しいのですが、部署的にはいまは忙しい時期ではないので、みんなそこそこ早めに帰ってしまいます

残業はみんながいればそんなにつらくないんですけど、ひとりだと寂しいしやる気も出なくて、そこそこがんばらないと月初のわたしがヤバいんですが、今日も早めに切り上げてしまった…。
7月の自分に期待します。

6月末に面談がありまして、無事に昇格が確定しました。
完全に年功序列だけどな。でもうれしい~
ドギマギして上司にちゃんとお礼言えなかった。
いま反省しているところです。

面談のときに「目標は、自分の仕事だけに取り組むんじゃなくて、どんな問い合わせにもある程度答えられるだけの知識と対応力をつけることです」って言ったので、より一層がんばる気持ちです。
だからといって人の仕事を取らないことと(隣の席の女の子との関係維持)、後輩に仕事を振ること(隣の席の新人くんとのコミュニケーション)も気を遣わないとな…とか悩みも多数です。

明日は新人くんの歓迎会なので、全力で飲んで緊張をほぐし、なおかつ酔った勢いでベラベラしゃべりすぎないことが目標です。
調子に乗らないこと!新人を楽しませること!

『ウッジョブ!』見ました


イヤイヤやる林業→おもしろくなってくる→事件→ハッピーエンド!というありがちな展開だけど、やっぱりありがちは最高です。
電車でのお別れと、超厳しい先輩に認められるシーンは、ベタベタな演出なのに泣いちゃうんだよねぇ。

主人公が林業を志すきっかけが、チラシの表紙の女の子に一目惚れっていうのは、「それだけで林業に進むか!?」という感じではあるけれど(原作は違うようですが)、だんだん成長していく様子は見ていて気持ちが良いです。バリバリ仕事をする人はかっこいい!

あ、でもこわい先輩(伊藤英明)が木を切るシーンでスローモーションでキラキラしだすのは余計な演出かな…。
そんなことしなくてもかっこよさは伝わるよ!

監督の矢口さんの作品『ハッピーフライト』もめちゃくちゃ好きな映画なんですが(綾瀬はるかかわいい)、コメディなんだけど、仕事の大変さとか楽しさも伝わる映画で、ウッジョブと通ずるものがあると思いました。
こういった楽しくて泣ける映画に本当に弱いです、わたし。

原作者の三浦しをんさんの青春お仕事小説もとても良くって(今回の原作『神去なあなあ日常』とか『舟を編む』とか)、ひとりの主人公が仕事に打ち込み、プロフェッショナルになていく様子が、社会人のわたしとしてはグッとくるんだよなぁ。
まぁ読んでないんですけどね。

というわけで、今週もお仕事がんばります

この週末は『デッドプール』見てきました
32072_l.jpg

アクションめちゃくちゃかっこいい!デップー強い!
冒頭の銃弾12発で敵を全滅させちゃうところなんて、デップーかっこよすぎて惚れ惚れ
BGMもノリが良い曲ばっかりで良かったねぇ。

だけど、サイコーだったのはそこぐらいで、後半はおもしろかったけど、期待していたほどじゃなかったかな…。

なにが期待外れかと言うと、まず、ウェイドとデップーのキャラのギャップに戸惑いました。
デップーは超おしゃべりな陽気なキャラなんだけど、中の人(ウェイド)はそこまで陽気なキャラというわけじゃないし、デップーになるまでの経緯を考えると、デップーになった瞬間、あの愉快なキャラになるのがよくわからない。
ハルクのバナー博士みたいに暗めになるのが普通じゃないの?
あの愉快なキャラから冒頭始まったから、「おもしろい過去があるのかな…」と思ったら、マーベル映画によくあるひどい人体実験だし、あの拷問からあのキャラになるのは無理があるのでは。

そして次に、「クソ無責任ヒーロー」って予告だったけど、普通のヒーローだったので拍子抜けしました。
アホな理由で殺しまくっているのかと思ったら、普通の復讐劇だから「異色のヒーロー!」って感じでもなく、普通のヒーローでした。

あと、一緒に見に行った彼氏とも話してたんですが、人体実験でひどい顔になったウェイドが、後半になるにつれそこまでひどい顔じゃなくなってるのも都合良すぎなのではと(笑)。
最初はほんとうにかわいそうな顔だったのに、後半は「ちょっと肌荒れひどいのかな?」ぐらいの顔だったよ?
まぁ、映画だからひどい顔だと観客もイヤになるからね。仕方ないね。
ちなみに映画鑑賞後、彼氏に「ゆきなも酸素カプセル入ったの?」って言われました。入ってないです。

まぁ、期待値が高かっただけにちょっとがっかりだったけど、普通のアクション映画として見ればおもしろいです。
「普通のヒーローと違う!」という予告に騙された感じかな。

この週末は特に予定もなく、洗濯と料理と掃除に専念していました。主婦です(独身)。

本日は父の日。
還暦祝いも込みで、先日行った旅行をフォトアルバムにしました。



こういった凝って見えるフォトアルバムも、東急ハンズやLOFTに行けば、あっという間に材料がすべて揃って簡単にできるので、不器用なわたしにとっては大助かりです
センスある人うらやましい…。

母へのプレゼントは毎年そんなに悩まないのですが(コスメやキッチングッズ、普段買わない食料など)、父へのプレゼントは毎年めちゃ悩みます。

お酒飲みなのにお酒あげてもそんなに喜ばないし、去年はおつまみに良いかなと思って生ハムとチーズセットあげたけど、これも喜ばれなかった…。

わたしはプレゼントに普段自分じゃ買わないようなものもらえるとうれしいんだけど、父は自分が買わないようなものもらうと慣れないから困るっぽい。うーん。

でも今年は写真を楽しみにしてたから正解かな。

そして、先日の家族旅行で、旅行でしか使わないわたしの一眼レフが壊れてしまってショックを隠せません
いま見積もり中だけど、安くても一万以上はかかりそう。ああ…。


父の還暦祝いで、家族旅行してきました
一泊二日で長崎へ!
……こう書くといかにもわたしが旅行代を出したみたいですけど、すみません、親のお金で本当にすみません!!(一応三万円ほど包んで渡したけど、せこいですか?)
家族写真をいっぱい撮ったので、それをアルバムにしてお祝いにするつもりです

ホテルからの景色!稲佐山オーシャンビューでした。
P6101941_convert_20160614205720.jpg 

夜景撮るの下手です。
P6101956_convert_20160614205922.jpg 

晩ごはん豪華だった!
P6101947_convert_20160614205830.jpg 
母と妹はあんまり飲まないので、わたしと父とで日本酒をガブガブ飲みました。

朝ごはん。飲み物飲み過ぎ。
P6111959_convert_20160614210017.jpg 

翌日は出島。あじさいいっぱいでした。
P6111960_convert_20160614210054.jpg 
この日はめちゃくちゃ暑くて暑くて、出島は1時間もいられなかった…。
出島は涼しいところがほとんどありません

家族全員暑さでバテてしまい、本当は大浦天主堂とかも行く予定だったけど、長崎駅でお土産購入して即帰宅です。

家に帰っても還暦祝いの続きで、晩ごはんはすき焼きでした
この週末で3キロぐらい太った気がするけど、体重計にはあえて乗りません。

次に実家に帰るのは8月かな。
博多駅が発展していたので、のぞいてみたいです。

6月から正式に新人が配属されました。ヤッター!

よく考えると、自分の部署に新卒の新人が配属されるのは生まれて初めてです。
いままでは来ても中途採用の子だったので、基本的なビジネスマナーは教える必要もなく、業務のことしか教えたことないです。

わたしが初めて就職したのがもはや7年前?なので、新人の頃の気持ちをもはや忘れてしまっているのですが、とりあえず温かく見守っています…。

新人くん、やたらと休みを気にしたり(「夏休みはここで取りたいですねー」とか「この日休日出勤ってことは平日どこでも休んで良いんですよね?」とか)、ひとつの仕事を与えるとまわりが見渡せていなかったり(電話に出ない)、業務をちょっと小馬鹿にしていたり(「これ必要なんですか?」とか「どうしてこんなに面倒なことしてるんですか?」とか)、いや、気持ちはわかる!わたしもいつも休みのことしか考えてないし、意味ないなって業務もあるし疑問もある!だけど本部長や部長の前でまだそんなこと言うのやめてー!もうちょっと仕事の諸事情がわかってからにしてー!休みよりその休日出勤の内容を質問してー!電話にはワンコールで出てー!と日々ちょっとハラハラしています。

でも間違ったことは言われてないし、その新卒の新鮮な目線こそが慣れきった業務の無駄なことを見つけるのに役立つから、保守的な考えに固執するおばさんにならないようにしなきゃと日々グッと堪えています。

というか、わたしがちゃんと業務の諸事情とかは説明しないと駄目ですよね…。
そしてわたしはルーティンで仕事してるだけじゃ駄目ですよね…。

いろいろと不安はあるけれど、新人が来て偉そうにできるのはとってもうれしいので、あとは追い抜かれないようにわたしも日々精進しなければならないです(涙)。
ぼやっ仕事してると新人に仕事取られちゃうので、積極的に仕事に取り組みます…。

まぁ、昨日は有給取ってダラっとしてたんですけどね!

大きなイベントもひと段落して、比較的定時で帰られる6月です

仕事が終わる午後5時以降、みんな大好きアフター5
わたしの最近の最強のアフター5の過ごし方について書きましょう!!

定時で帰ったらみんななにをしているのでしょうか。職場の人と飲みに行くことが多いのでしょうか。

わたしは「仕事早く終わったし今日は飲み行こっかー!」と言い合える職場の友人があまりいませんので(たまに部署内の飲み会はあるよ、泣いてないよ)、仕事が終わったら脇目もふらずに家に向かいます。

アフター5ショッピングは憧れるけど、だいたい仕事後はくたくたなので、歩き回ってお買い物する気力ゼロです。

そして、新宿付近で働いているのですが、一年もいるのにいまだ新宿は闇です。
どこに行けばぐちゃぐちゃの人混みから抜けられるのか?どこに行けばアラサー好みのものが売っているのか?全然わかりません
最近は前向きなので新宿攻略したいと思っているんですけどね…!高島屋と東急ハンズだけわかるよ。

なので、特に新宿はうろうろすることなく、帰りに家の近くのスーパーに寄ります。
なるべくカロリーが低そうでおいしそうなお惣菜を物色します(年中ダイエット)。
お惣菜に合いそうなお酒も物色します。
お惣菜買うのめちゃくちゃ楽しくないですか?スーパー大好き!(一応自炊アピールすると、毎日お惣菜買ってるわけじゃないです、時々の贅沢です)

帰り着いたらだいたい7時過ぎ。
お惣菜つまみながらhuluで海外ドラマを見ます。
最近はゴシップガールのシーズン3見てます。チャックかっこいいよチャック。
も~、この時間が!この時間こそが!めっちゃ幸せです…。

好きなドラマ見ながら好きなもの食べてお酒も飲むって最強でしょ。わたしはこのために働いているんだよ…。

その後、洗濯や洗い物、片付けなど、ちまちまとした家事を終えたら、お風呂で本を読みながら半身浴をします。
文庫本しわしわですけど、あんまり気にしません。

そして10:30にはお布団に入ります。
朝は5:30に起きるとゆっくり準備ができるからね。

以上がわたしの最強のアフター5の過ごし方です。
参考になりましたか?全然なりませんね!!

正直仕事の後はだいたいヘトヘトなので、飲み会だったら全然平気なんですけど(飲んだり食べたりできるから)、ショッピングとかジムとか映画とかは、そこまでする元気がないのが現実です…。

しかし!暇な今月はさらなる最強のアフター5を目指して、エクセル勉強タイムを取り込みたいところです。

より良いアフター5を目指して、日々意識を高くしていきたいですね。
参考にしていいよ。


行ってきました!
金曜日の夜、定時ダッシュして歌舞伎座へ!


今回の大歌舞伎はわたしにとって初めての三部制。
二部制だと、上演時間が4、5時間になりますが、三部制だと2、3時間なので、気持ち的にはとても楽
ただ、その長時間も歌舞伎を楽しむ醍醐味だと思うので、ちょっと物足りない気も。
いや、4、5時間の上演だと疲れて途中結構寝てるわたしが何言ってんだという感じですが(笑)。

義経千本桜、一部、二部、三部、どれに行くか悩みました~
お目当ての染五郎さんを堪能するのであれば一部が絶対良いんだけど、『碇知盛』…うーん、寝ちゃいそうな演目だ…ということでやめました。
実際のところどうなんでしょうか!?舞踏もあるし見応えはあるのかな!?チケット取れば良かったかな~

というわけで、結局第三部の『狐忠信』見てきました

『狐忠信』は新春浅草歌舞伎で松也さんが演じていたのを一度見ていたので、内容がめっちゃ楽しいことはわかっていました。
狐が佐藤忠信に化けていて、最後に正体を現してぴょんぴょんするなんて、絶対おもしろいじゃないですか~!

そして案の定サイコーでした!!
ワンピース歌舞伎でルフィを演じていた猿之助さん
こんなかわいい狐もできるんですかー!
跳ねるわ回るわ早替わりするわ、それはもう盛りだくさんで楽しい!
あの語尾を伸ばしたり早口で言ったりする独特の狐詞もおもしろかったし、荒法師とのバトルもアクロバティックで見応えあり。
猿之助さんって本当に身軽ですね…。

さらに何と言っても最後の宙乗り、ありがとう、本当にありがとう
この宙乗りを見越して、三階の安い席ではあるものの、花道の真上の席を入手したおかげで、飛んでくる猿之助さんを間近に見ることができました。グッジョブわたし!
花吹雪の中笑顔で去っていく猿之助さん、拍手喝采でした。

新春浅草歌舞伎のときの狐忠信はこんなにかわいくて明るい感じではなく、もうちょっと悲しげな感じだった気がする。
でもこの違いもまた歌舞伎ならではで良いよね。

藤太役の猿弥さんもめちゃおもしろかったなぁ。
舞台の中の場面と、いまこの現実の場面を言葉遊びでテンポよく台詞にしているの、会場も大ウケで一気に目覚めました(一幕目、藤太出現までウトウトしていたわたし)。

お目当ての染五郎さんは一幕目の静御前としてちょろっと出てきただけだったので残念美しかったですけどね…。


ちなみにこの日のお弁当は穴子寿司でした
ひとりでモリモリ完食!
歌舞伎はお弁当タイムが一番楽しいかもしれない。



最新記事