大好きはウソです。
というか、いまもそんなに好きではないです。マシ!マシになりました!

昨日も職場の懇親会だったんですけど、なんとか乗り切りました…。つ、疲れた…。
反動で今日のわたしはずっと寝ています。

職場の飲み会が苦痛でなくなるためには、やっぱり職場環境が大事でした。当たり前だね!

超大嫌いだったとき

なんといっても前職のときは、その日飲み会があるとわかっているとそれだけで数週間前から憂鬱でした。
飲み会行くぐらいなら仕事してたほうが何十倍もマシだし、金曜日の夕方ごろ上司がいかにも飲みに行きたそうにソワソワしだしたらトイレに逃げていました。つかまってたけどね!

そんなに嫌ならわたしも断れば良いんですけど、社会人になったばかりのわたしにNoと言える度胸があるはずもないし、直属の上司には「部長に誘われたら基本的に断っちゃダメだよ、若手は二次会まで行くんだよ」と教えられていたからね。いま考えるとこれが結構プレッシャーだったな…。

前職ではしかも毎週のように飲み会だったし、二次会まで連れて行かれるから帰りは日をまたぐし、マジで嫌でした。

なお、いまの部署は「うちの部署は飲み会多いからね~」と言う割に多くても月に1回程度なので全然余裕です。おそらく他の部署はもっと飲み会がないと思われます。歓迎会とか送別会ぐらいじゃないのかな。
これが社風よね…。

前職での飲み会がなぜそんなに嫌だったかと言うと、前述のように飲み会が多いし長いしということに加え、わたしが社会人になりたてなのもあって、気を遣えないくせに気を遣うので精神的疲労がひどかったです。

気を遣えないのに気を遣うというのは、例えば上司にお酒を注ぐとか、食事を取り分けるとか、会話を盛り上げるとかそういうことがわたしは全然できないくせに、緊張で気は遣いまくっているという、なにも役に立たない新人でした…。

とおーーーい席に座っている上司にも、グラスが空いてたら絶対に新人が駆けつけてお酒を注ぐとか、たぶん普通なんだろうけど、わたしはそういった気遣いがまったくできなくて、直属の上司には注意されるし、毎回飲み会のたびに落ち込んでいました。

二次会のスナックでは最近の曲を歌ったらこれもまた注意されてたし(「上の年代が多いんだから、年代に合わせた曲を覚えたほうがいいよ」みたいな)、これも苦痛だったなぁ。

まぁ、前職は営業だったからそういったことに厳しいのは当たり前だし、やっぱりわたしには向いていなかったんでしょうね。

ついでに言うと、上司の話がめっちゃつまんなかった。
仕事論みたいな話しかしないんだもん…。

飲み会嫌いから嫌いではなくなる過渡期

転職してからは、前職のバリバリ営業とはまったく違うところに来たので、それはもう飲み会ルールがゆるくなりました。

いまの職場でもお酒は注ぐけど、基本的にみんな「いやいや!そんなに気を遣わなくていいから!楽しんで!」スタイルなのでそこまで気を張らなくて良いのでめっちゃ楽です。いや、甘え過ぎちゃダメなんですけどね…。
転職したばかりのころはそれでも慣れなくて緊張していたので、飲み会は相変わらず好きじゃなかったけど。

カラオケ好きの人が多いので二次会でカラオケに行くことも多いです。
わたしはそもそもカラオケがそんなに好きではないので、最初は死ぬほどイヤだったけど、無理してテンション高めの曲を歌っていたらカラオケ好きキャラになりました。良いのか悪いのか…。
でも歌う曲はむしろ若い曲を歌うと喜ばれるのでずっと楽しくなりました。

おかげで上司にもかわいがられるようになって、飲み会で緊張しなくなってきて、やっと突然の飲み会の誘いにも耐えられる精神を身につけました。

いま

相変わらず緊張はするので、最近は「いっぱい飲んで早く酔っ払ってしまおう!そして緊張をほぐそう!」精神で飲み会に挑むせいで、だいたいベロベロに酔っ払い、酔っ払うとテンション上がってしゃべりだすタイプなので、翌日自分の言動を振り返って死にたくなることが多いです。

いまの部署では飲み会のときにほとんど仕事の話をしないので、酔っ払ったあげく余計なこといっぱいしゃべっちゃうのよくない(職場の飲み会で「彼氏がももクロ好きなの許せない~浮気されたら死ぬ~」って言ってるヤバイ女です)。

結論として、好きな人と好きな話をして飲むのは楽しいということです。

6月からわたしの部署に無事に新人が配属されることになったので、次の飲み会は歓迎会です。
しょっぱなからベロベロに酔っ払うやばいアラサーにならないようにしたいです。

話題のズートピア見てきました。
32112_l.jpg 

多様性ってすばらしいな…、としか言えない!
正義感溢れるジュディも、どこかで「区別」と「差別」が一緒になっていて、だけどニックと一緒に問題を解決していくにつれて、どんどん成長していくのが最高です。

あとはジュディが上京してズートピアに向かうあのわくわくする感じ、あの映像のスケールは「なにこれわたしもズートピアに住みたい!」と思わされるし、「自分が上京したときはこんなに夢と希望に溢れる気分ではなかったぞ…不安しかなかったぞ…大志もなかったぞ…」と、ジュディをちょっと妬む気持ちにもなりました。わたしにこんな大きな夢はないなぁ。

あとはやっぱりニックがかっこいいね。キツネなのに!
あのニックのかっこよさはものすごく少女漫画的じゃないですか?
ワルだし、主人公には冷たいしそっけないし、だけど仲が深まるにつれて自分の弱さみたいなところをポロッと言っちゃったり、主人公のピンチには手を差し伸べたり、なにそれ最高にときめくやつじゃん。

完璧な映画でしたが、ちょっと不満を言うならば、オチはちょっとわかりやすすぎかな。
まぁそれが主題の映画ではないし野暮なつっこみですね。

あと、わたしは真面目な社会人なので、ジュディが上司の言うことを聞かずに「警官らしい」仕事ばかりしたがるのはちょっとどうかと思いました。
「新人が最初から大きな仕事やりたがるなよ!地味なことでもちゃんとやれよ!そこで上司が怒るのは当たり前でしょ…」とかね。

ちょっとした文句はあるけど、ゴッドファーザーのパロディにはめちゃ笑ったし、ディズニーが海賊版DVDを皮肉ってるとこも笑えたし、大人向けギャグ要素も満載で終始楽しめました。

ちなみにわたしはうっかり日曜日の昼間にひとりで見に行ってしまったため、子どもたちに囲まれて独り身としては落ち着かなかったので、ディズニー映画は平日にこっそり見に行こうと思ったのでありました。

彼氏にお勧めされたので、DVDを貸してもらって『素晴らしき哉、人生!』を見ました。

うわあ~!人生って素晴らしいよ~!というわけで号泣でした
ややネタバレしていますが、まぁネタバレとか大して関係ない映画だよね?

まずジョージがめちゃくちゃ良い人です…。
「こんな小さな町は出てビッグになってやるぜ!」って野心を持っているのに、結局父の跡を継ぐことになって町を出られない。
弟は町に出るし出世するし、「こんなん絶対僻むでしょ~」と思いながら見ていたんですが、もちろんジョージは僻んでいるんだけど、それでも自分のやるべきことや自分の状況を見て、仕事を地道にやる姿は心を打たれるものがありました。
わたしだったらジョージの立場に陥ったら、こんなにもコツコツと仕事を続けられるのかな。
こんなジョージの人柄だからこそ、たくさんの人に信頼されるし、幸せになれるんですよね。

妻のメアリーも本当によく出来た妻です。
裕福じゃなくても献身的に支える妻ってこういうことなのか!美人だし。

これだけでも最高なヒューマンドラマなんですけど、そこに天使が登場して「主人公が存在しない世界」を作っちゃうんだから、ファンタジー要素も盛り込まれちゃってとても楽しい。
ひとりの人間がいるかいないかで世界はこんなにも変わってしまうんだということを実際に見せられて、言葉で言われるだけじゃ絶対に伝わらない「人生の素晴らしさ」を伝えている映画だと思いましたよ…!

クリスマスにもう一回見たいです。

性格がアレなので人の幸せを全然喜べない
心の狭いわたしです。
なので自分も幸せアピールはしないようにしているんですが(たとえ結婚が決まってもマリッジハイになってそこら中にウェディング写真アップしまくるような人間にはならないようにしようと思っている、結婚決まってないのに)、今日は最近仕事楽しい~ってことを書こうとしています(仕事の話かよ!)。

なぜ楽しいかと言うと、やっと本部でわたしの存在が認識され始めたからです。
1年かかりました…。
まだまだ認知度激低だけど…。

地方にいたときより仕事は10倍ぐらい大変なんだけど、任せてもらえる業務が増えるってこんなにおもしろいことなんだなぁと社会人7年目にして実感しています。遅いね!

地方は地方で楽しかったものの、どちらかと言うとお手伝い業務と雑用が多くて、「わたしの仕事」と呼べるものがあまりなかったのです。
「仕事は自分で見つけろ!」と言われたらそれまでなんですけどね…。
言われたことしかできないいまどきの若者がなのでそれがなかなか難しかった…。

地方はいろんな業務を少人数でこなさなきゃいけないので、必然的に雑用も多くなるし、本部から言われたことしかすることができない!

本部は部署でやることがカチッと決まっているので、わたしはとっても仕事がやりやすいです…。
アイディアとか湧かないけど、与えられたことは真面目にこなすタイプなので…。

そして、アイディアは湧かないものの、やっぱりいろんなことを企画できる本部は楽しいです。
「ここをこう変えたい」とか「こういうことすれば面白いのでは?」というのがすぐに反映できるのはやっぱりうれしい。

と、同時に地方にいるときにもっと自分の意見を本部に伝えとけば良かったな~とはいまさら思います。
本部にいると地方の状況が見えないからもっと積極的に地方の状況を教えてほしいのに、地方は日々の業務でバタバタなので、地方で愚痴を言うだけでなかなか本部に言ってくれない。
本部は地方から意見を言ってくれるとうれしいのに、自分はそれをやっていなかったなぁと反省しています。

でもやっぱり最初に地方で働いて本当に良かったなぁ。
地方にいるとお客さん対応からゴミ捨てまで、それこそなんでもやるので仕事の流れがわかったし、ただ本部で決まった仕事をしてるだけじゃわからないことが見えていたと思います。

そんなわたしの最近の目標は、Excelを使いこなせるようになることです。
しゃ、社会人7年目にしてこのレベルの目標で本当にすみません…(土下座)。
みんなExcelどの程度使えるの?
わたし最近vlookup覚えて感激したレベルなんですけど、社会人として大丈夫かな??

あとは上司のメールをスルーしないことも目標…。しゃ、社会人7年目です…。
もちろんわたし名指しで来たメールには即対応してるんですけど、部署全員に「この案件どうですか?」みたいなメールもよく来るんですよね。
昨年度までは「わたしごときの下っ端が意見できない!」と思ってスルーしてたんだけど、そろそろそれじゃ仕事できるようにもならないよね…。

というわけで、来週頭は会議で大勢の人前で30分話さなきゃいけないのにまだなにも手をつけていないというとんでもない状況なので、さすがにそろそろ考えます。
マジ嫌です。人前ダメ。

後半ネタバレします! エージェント・オブ・シールド シーズン1、huluで全部見終わりました。
もうめちゃくちゃおもしろかった~~~~~!!!!!
見終わってしまった悲しみよ…

これでアベンジャーズ関連シリーズは全部見終わった気がするぞ

エージェント・オブ・シールドのなにがおもしろかったって、キャラクター全員が良い味出してるところでしょ。
優しいコールソンおじさんに癒され、ウォードにきゅんして、フィッツシモンズに萌え、メイの強さにドキドキして、スカイを応援するという。
そしてそこに潜む裏切り者…!

45分×22回でしたが、コールソンの過去がじわじわと明らかになる後半のおもしろさよ。
毎回ひとりで「ああ~~!」とびっくりしていました。
毎週末、部屋でお酒を飲みながら海外ドラマを見て悶えるアラサー独身OLです。

以下ネタバレです。
[ 続きを読む ]

さて、ゴールデンウィークの話に戻りますが、5/7にはルノワール展に行ってきました。
Bal-du-moulin-de-la-Galette-1.jpg 

若冲展の混雑があまりにもひどかったので、そのトラウマで「開館同時に行かなきゃ絶対ヤバイ、超混雑しているに違いない」と身構えていました。
結局朝起きられなくて、到着したのが11:00ぐらいになってしまったし、チケット売り場が混むと嫌だから前もってコンビニで購入してから行こうと思っていたのにそれも忘れてしまって、ハラハラしながら美術館に到着したところ、はい、全然混んでいませんでした!チケットもすぐに買えました!いや、本来美術館ってこんなもんですよね…。

ルノワール展は本当にルノワール展でした。
というのも、こういった画家名が入っている展覧会って本人の作品が少ないことが多いんですよね。
有名な画家の作品だとそんなに多くの作品が日本に来られないのは仕方ないけど。
その点はさすがルノワールさん!たくさん絵を書きまくっていただけあります。
マジでルノワールだらけの最高の展覧会でした。

《ムーラン・ド・ラ・ギャレット》と《田舎のダンス》《都会のダンス》が展示されている部屋は、空間が広々と使われていて、ゆっくりと作品を鑑賞できて良かったです。

《ムーラン・ド・ラ・ギャレット》は、おそらくオルセーで一度見ているはずなんだけど全然記憶にないです。
ひしめく人と、光にあふれた広場の様子がこんなにも幸せいっぱいに描かれているとは。
というか、ルノワールの作品は基本的に幸せな絵ばかりなんだよね。
わたしはジメジメ暗い絵も好きなので、幸せな、裕福な人しか描かないルノワールの作品は実はそんなに好きではないんですけど、ここまで徹底的に描かれちゃ降参です(何に)。
ルノワール自身は、奥さんが亡くなったり、病気になったりと苦難も多い人生だったのに、ここまで幸せな絵を書き続けるのはすごいよなぁと。

同時代の作品として、ジャン・ベロー《夜会》という作品も展示されていたのですが、これがまたルノワールと全く違って、写実的でくっきりと華やかに描かれていて、同時代でこんなに違う絵が描かれていたのか、とこれもまたびっくりしました。

ルノワール展は8/22まで。
展示替えはあるんだろうか?

ゴールデンウィーク最終日、みなさんいかがお過ごしでしょうか。
わたしは「憂鬱なのはわたしだけじゃない!みんなつらいんだ!」と自分を励ましながら現在必死で生きています。
6月は祝日がないなんて絶対に許さない。有給取ってやるからな!

若冲展行ってきました。
生誕300年記念 若冲展
ec66156bbc916837932ae3ea72c72369.jpg 

まず、最高の若冲について書きますと、なんといっても《動植綵絵》全30点がすごすぎました。
展示室にずらっと並ぶ《動植綵絵》の迫力がすごいし、色鮮やかできめ細かい作品ばかりです。
テレビやインターネットで見るのと全然違うので、本物をこんなにたくさん見られるなんて最高の贅沢でした。
わたしはしっかり図録も購入しました

《動植綵絵》はマジで全部すごかったのでどれが良いって決めかねるんですけど、しいて言うなら《雪中錦鶏図》が好きです…!
鮮やかな緑の葉と、ピンク色に染まる花と、真っ白の雪と、中心にいる色とりどりの錦鶏が、画面いっぱいに描かれていて、すごすぎて言葉にできないです。

《動植綵絵》意外には、《鳥獣花木図屏風》が見られるなんて思ってもいなかったので感激もひとしおでした
これが江戸時代の屏風なんて信じられない!知ってはいたけど、なんてポップなんだ!

『若冲展』と言うだけあって、本当に若冲の名作が勢揃いしていたすごい展覧会でした。

こんなにすごい展覧会なのに、タイトルになんで「最低」なんて入れたかと言うと、それはもう人が多すぎたからです。
いや、ゴールデンウィークまっただ中&会期も1ヶ月と短い展覧会だし、人が多いのは当たり前。
開館1時間前に行ったのに超行列。それは全然構わないんです。
しかし、それにしてももっと良い誘導ができたと思うの!

《動植綵絵》の展示室は、おそらく多くの人がゆっくりでも良いからぐるっと全部見たいと思うんです。こう、ぐるっと!伝わる?
無題
 わたしの後ろにいた老夫婦も、「進まないねぇ」と言っていたから、普通はこういう流れにしてほしいはずなのに、現実は係の人が、「人が少ない作品から見てください」ってこういう風に誘導するから、
2.jpg 
結果、人の流れがぐちゃぐちゃになり、最前列で作品が見られないという事態に
ちゃんと誘導すれば、ゆっくりだとしても、ぐるっと全部見られたはずなのに…。
このせいでめちゃくちゃストレスがたまって、集中して作品が見られませんでした。
東京都美術館~!!がんばれよ~!!

しかし、Twitterではそういった文句を言っている人はあんまりいないから、放射状の作品鑑賞法でみんな満足しているんだろうか。
混雑も行列も全然構わないから、ちゃんと流れを作って誘導してほしいとわたしは思ったんだけどな…。

いや、でも若冲はすばらしいです。
もっとゆっくり見たかった!悔やまれます!

しかしこれから行こうとしている人は、混雑のストレス以上に見たほうが良い作品ばかりなので、なんとか心折れずに絶対に絶対に行ってください(笑)。

5/5&5/6で箱根に行ってきました
5/6は休みの人が多いと言えども一応平日なので、渋滞&混雑もそこまでひどくないのではないかと予想していったところ、予想通り渋滞に巻き込まれず行くことができました!やったー!

1日目
朝出発→箱根彫刻の森美術館→旅館にチェックイン

2日目
チェックアウト→ポーラ美術館→箱根湯本駅周辺でお買い物→帰宅

ガイドブックはことりっぷ信者なので、初日のお昼はことりっぷに従い箱根の『レストラン ロア』で洋食を
ちょっとお高いけど、お洒落でおいしかったです。
カニクリームコロッケがきた瞬間ににがっついてしまったので写真は1枚もありません!!

腹ごしらえをしてから早速箱根彫刻の森美術館へ
すっごくすっごく楽しかった!
P5051933_convert_20160507172640.jpg 

P5051907_convert_20160507172744.jpg

P5051897_convert_20160507172600.jpg

とにかく広い!広い敷地内そこら中に彫刻がたくさん!
おもしろい彫刻がたくさんあったので、彫刻の真似しながら写真撮りまくりました。
美術館というか、彫刻のテーマパークと言うべきか。
天気も良かったしサイコーでした。

敷地内のピカソ館では彼氏に「ゆきなもキュビスム意識してるの?」って言われるなどしました。
誰が《泣く女》や!許さない。

ここで2時間ぐらい過ごせたし、歩きまわるのでヘトヘトになり、本当は芦ノ湖にも行きたかったけど体力もなく、即旅館に向かいました。

旅館は『仙石原 品の木 一の湯』です。
露天風呂付きのお部屋だよ~。ふふふ、贅沢です。
P5051935_convert_20160507172825.jpg 

最高の晩ご飯です。
fc2blog_20160507173403a43.jpg 

最高の朝ご飯です。
fc2blog_20160507173426eab.jpg 

二日目はポーラ美術館へ。
fc2blog_2016050717285638b.jpg 

森のなかに佇む美術館でとても素敵でした。
ここも広くて、全部見てまわるのに2時間ぐらいかかったかな…。

モネ《散歩》、ジュール・ジェーム・ルージュロン《鏡の前の装い》、ピエール・ボナール《地中海の庭》《山羊と遊ぶ子供たち》《りんごつみ》、岡田三郎助《あやめの衣》、わたしはこの辺りの作品が好きだったかな。

平山郁夫《イラン高原を行く》という作品の前には、ふかふかのソファ?クッション?みたいなのがいくつか置いてあって、靴を脱いで寝そべって作品を見られるようになっていました。
これは最高の作品鑑賞環境だと思ったので、他の美術館でもやってほしいです…。
めちゃくちゃ眠たくなるけどね…。

そして旅の最後は、箱根湯本駅周辺でお土産買って帰りました。
お饅頭だよ。職場で配ります。

天気にも恵まれたし、とても楽しい旅行でした。
ゴールデンウィークも残り僅か。
憂鬱にならないように過ごしたいと思います。

『リップヴァンウィンクルの花嫁』見てきました。


岩井俊二監督作品は『花とアリス』しか見ていないけれど、観客の印象に残したいシーンをしっかりと綺麗に撮ろうとする人なのかなと思いました。

あのウェディングドレスのシーンはもちろん、2人の水やりとか、クラゲとか、全部いまにも消えてしまいそうで、だからこそ儚げで美しいです。

しかし、美しいのに常に漂う不吉な予感と空気感よ…!

『100万円と苦虫女』に似た雰囲気の映画だと思いました。
主人公の蒼井優ちゃんがなかなか幸せになれそうでなれない映画なんですよね…。
だけど最後には希望がある、そんな雰囲気の映画がわたしは大好きです!

以下、ちょっとだけネタバレかも。
[ 続きを読む ]

ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。
わたしはほぼ毎日のように映画館に通い映画三昧です!
32180_l.jpg 
待望のシビル・ウォー見に行ってきました~!楽しかった!
アベンジャーズシリーズは基本的に話が暗いので実はそこまで好きじゃないのです(『マイティ・ソー』『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』『アントマン』あたりはコメディ路線なので好きです)。
いや、今回も超暗かったのですが、なんといってもスパイダーマンとアントマンが場を和らげてくれて最高でしたね!登場した瞬間めちゃくちゃテンション上がりました。
個人的にはもっと、もっとコメディ路線に進んでほしかったんですが、『キャプテン・アメリカ』だからね。真面目なキャップ&内輪揉めだからね。コメディじゃダメなんでしょうね。

それにしてもアベンジャーズシリーズは回を重ねるにつれて、当たり前だけどキャラクターも増えるし、話も複雑になるし、ハードルが高い映画になっているねぇ。
でもわたしは複雑になればなるほど見応えがあって大好きです。
「よっしゃ、全シリーズ見てやろうじゃないか!考察してやるぜ!」みたいな…。
しかし、そこそこ関連シリーズは見ているつもりなんだけど、それでも話は忘れてしまうし、今回のシビル・ウォーなんてわからないところいっぱいあったなぁ。

まず、最初の打ち合わせみたいな場面でアベンジャーズのメンバーに「え、このおじさん誰だっけ…?」みたいな人が出ていた(後で確認したらウォーマシンでした。アイアンマンに最初からずっと出ていました)。

あと、キャプテン・アメリカの前作『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』の内容を忘れ過ぎていて、「えっ、バッキーの洗脳ってこんなすぐに解ける仕組みだったっけ…?てゆーか、バッキーどうなって前作終わったんだっけ?」状態でした。
復習しないとわたしはもうダメです。

しかし、キャップは安定してかっこよかったねぇ。
ヘリコプター素手でとめちゃうのかよ!笑っちゃったよ!

スタークは今回結構かわいそうだった。
ナターシャに「あなたはエゴの塊よ!」みたいなこと言われてるし。そこまでエゴか?常識的じゃない?

以下ネタバレ。
[ 続きを読む ]



最新記事