東京ポッド許可局の「呼び方論」を聞いていて、呼び方ではないのですが、わたしは現在「タメ口に切り替えるタイミング」について悩んでいます。

わたしは昨年からいまの部署に異動してきたので、いまの部署では1番下っ端です。
とは言うものの、今年で入社して5年目になります。
部署では下っ端なのでこの1年間全員に敬語を使ってきましたが、打ち解けるためにはもうちょっとくだけたほうがいいのかな?と考え中。

同じ部署に若手が3名います。

①わたしと同じ歳の男性社員。入社した時期はわたしとほぼ同じ。わたしに対して完全タメ口。

②わたしと同じ歳の女性社員。パートから社員になったので勤続年数は長め。わたしに対して最近徐々にタメ口。

③わたしより3つ歳上の女性派遣社員。入社した時期はわたしとほぼ同じ。わたしに対して最近徐々にタメ口。

この3名とはタメ口で話しても良い気がしてるんですけど、世間の常識的にはどうなんだろう。

部署ではわたしが下っ端だからやっぱり敬語が普通?でも打ち解けてきたし、ほとんど年齢も勤続年数も変わらないからタメ口にしてもいいかな?

こういう悩みが合わさって、いまは敬語とタメ口が入り混じった変な日本語を使っています…。
「これはどのようにすればいいでしょうか?」という敬語からの「えっ!?いいの?」みたいなタメ口。

2日はGW唯一の出勤日ですが、新人さんが研修に来るらしいので、彼には博多弁で対応しようと思っています。
博多弁はモテるって本当!?!?

今週がんばればGW!
あと少しがんばろー

わたしは連休前でバタバタ仕事をしているだけなので特にここに特筆すべきこともない日々です…。

ここ最近のカメラロールを振り返る日記といたします。
とは言ってもだいたいTwitterにアップしている写真ばかりです。


Twitterにアップしたんですが、ジェーン・スーさんの『私たちがプロポーズされないのは101の理由があってだな』の1ページです。
この本を読んでること彼氏に知られるとまたプロポーズから遠ざかる気がするんですけど…、まぁいいか…(よくない)。
Twitterで意見述べてたらまさかの著者本人からリプライが来て焦りました。

そして先週末、彼氏の家になかなか行かずに自分の家でダラダラしていたら、「うちのクラシアンどんな感じ?」って彼氏からLINE来て怒りました。
クラシアンなのですぐに向かいました(負け)。


大学のときのサークルの友人と飲んだ写真です。
正確に言うと、友人を待っている間にひとりでグイグイ飲みながら「早く来て!」アピールのためひとりで写真撮って友人に送りつけました。
来てくれてありがとう。


彼氏が作ってくれたお肉です!
牛肉ですよ、牛肉!ひとりだとまず食べない牛肉(高い)!
わたしはチラッと一応写っているサラダを作りました。切るだけ…。


彼氏との仲良しLINEです。
コール&レスポンス!


ノンフライヤーで作った仲良しトンカツ。
揚げ物大好き。


これは独身アラサーOLの華金の様子です。
最近の華金はだいたい海外ドラマ(『エージェント・オブ・シールド』にハマっている)を見ながら、ワイン飲みつつつまみ食べるのが日課です。
楽しさと寂しさが良い感じに混ざって最高です。

それでは、明日も仕事がんばりましょう!

今週から来週にかけて仕事が鬼忙しいので鬼のようにがんばります。

これを乗り切ればゴールデンウィークだ!
わたしは4/29~5/1休み、5/2仕事、5/3~8休みです。
福岡には帰らず、東京でのんびり過ごします。いる人は相手してくださいね

ゴールデンウィークのメインイベントは5/5から一泊二日で行く箱根です
東京に住んでるなら一度は行かなきゃいけないでしょ!
めちゃ楽しみ。どこを観光すればいいんだ。

他にも行きたいところは盛りだくさん。
人混みには負けないぞ!

メモです。

行きたい展覧会
ルノワール展@国立新美術館
若冲展@東京都美術館

見たい映画
マジカル・ガール(まだやってる?)
ルーム
シビルウォー
リップヴァンウィンクルの花嫁
バットマンvsスーパーマン

全部見れるかなぁ。


週末は友人の結婚式でした。

そこでの三次会で、「わたしは彼氏に振られたら死ぬ、生きていけない、浮気されたら死ぬ、ばれないようにしてくれ」ということを話したら、数名にドン引きされたんですけど、普通の考え方ですよね。みんな口に出さないだけでそう思っているよね。

わたしは重い人間なので(体重じゃないよ)、連絡だって毎日取りたいし、連絡取れないにしても、その日その人がなにしてるかわからないと耐えられなくて悶え苦しみます。

連絡がこないときはだいたい夜携帯をにぎりしめて過去のメールなんかを見返しながら、「以前こういった状況のときはこういった事情で連絡を取れなくて、○日後ぐらいに連絡がきたから、今回はそろそろ連絡が来るのか来ないのか?」と想像を巡らし、相手からの連絡を待って待ってじたばたしている。
この重さが原因でだいたい振られるんだ…。

社会人になって良かったのは、相手がなにしてるかわからない状況っていうのがあまりないことです。
平日の昼間は基本的に仕事してるからね。学生のときは結構つらかった。

さすがに現在は付き合って6年以上経つので、そこまで恋い焦がれて死にそうになることはなくなりましたが、やっぱりかなこかなこと言われると腹立たしいので(ももクロの話です)、相変わらず依存度は高いのかもしれないです。でも普通よね?

さて、楽しい週末も終わりです。
来週がんばればGW!

カラヴァッジョ展行ってきました。
春の上野公園は賑やかで良いですね。
ほぼ散った桜を見ながらお弁当を食べました。



カラヴァッジョの《法悦のマグダラのマリア》がすごく良かったです。
真っ白な顔に半開きの目から流れる涙、青ざめた唇、背景はカラヴァッジョらしく真っ暗で何も描かれず、マグダラのマリアがだけが光り輝くように浮かび上がって、悲しみと死の雰囲気でいっぱいなのに、このエロさよ!
俗っぽい言い方をすると、未亡人の色気みたいなのが溢れ出していて、だからと言ってその色気だけをことさら強調しているのではなく、ちゃんと悲しみが押し出されているのがカラヴァッジョの《法悦のマグダラのマリア》のすごさだよなぁ。

『マグダラのマリア』は展示の仕方もおもしろくって、同時代の他の画家の『マグダラのマリア』2枚と比較できるようになっていました。

隣のジェンティレスキの《改悛のマグダラのマリア》は、エロさしかなくて逆に清々しかったですね。
いや、もうこれ完全にマグダラのマリアにかこつけてエッチな絵を描きたかっただけでしょ。完全に逝っている女性の絵やん…と思うのはわたしの心が汚れているから?いや、絶対そんなことはない!
ジェンティレスキの作品は、《スピネットを弾く聖カエキリア》も良かったです。
柔らかい光を描くのが得意なのかな。

さらにその隣のグエリエーリの《改悛のマグダラのマリア》は、マグダラのマリアというより美しい女性の絵を描きたかっただけのような感じ。
エロさも悲しみもない、美しい、平穏な生活を送るマグダラのマリア、こんな描き方もあるんだなぁ。

6/12までです。
カラヴァッジョ展

ダウントン・アビー、シーズン4見終わりました。


うう、めっちゃおもしろかったよぅ。
早くシーズン5が見たい。

完全ネタバレ感想です。
[ 続きを読む ]

朝井リョウ『少女は卒業しない』を読みました。


結論から言うと、号泣でした…。
三月末から四月頭に読むのはダメです。
この時期のいろいろな別れが頭をよぎって感情移入してしまって切ない。苦しい‼︎

『少女は卒業しない』は取り壊される高校の最後の卒業式を、七人の少女の視点で描いた短編集です。

内容は正直言って陳腐だと思います。
少女漫画にありがちの、先生と生徒の恋とか、ちょい悪の男の子と真面目な女の子の幼馴染とか、送辞で告白とか、恋人の死とか。
よく描かれる割に「いやいや、現実でそれはないでしょ…」みたいなね。

そんなありがちな内容の小説なのに、こんなにも一頁ずつゆっくり読みたくなってしまうのは、避けられない別れの寂しさや希望みたいなものが文章から溢れ出しているからです。共感しかない。

ずっと変わらず一緒にいられるなんてことはないこと、別れはいつか絶対にやってくること、「またいつか会おうね」なんて言っても、結局二度と会えないこと、会えない生活にいつかはきっと慣れてしまう、それがすごく寂しいこと、そんな別れの心境が「卒業」に集約されていて、学生生活から離れて数年経つわたしでも胸が締め付けられるような思いでした…。

わたし自身、学生の頃の「卒業」で「別れ」をひしひしと感じることは実はありません。
いまはメールもSNSもあるし、会いたければ会えるでしょ、と思っていたし、何より会えなくなることが寂しくてつらくて耐えられないほどの人に出会ってきませんでした。
というか、ここでの問題は男女関係なんですよね。
友だちなら卒業してもいつでも会えるけど、わたしの場合、異性ってなかなか難しい。

むしろ社会人になってからの方が別れがつらいです。
お世話になった上司が退職したとき、友だちと違って、上司だし男性だし、今後連絡を取ることも会うこともそんなにはないだろうと思うと、悲しくてどうしようもない気持ちでいっぱいになりました。

『少女は卒業しない』の最初の短編『エンドロールが始まる』の中で、「この本を返したら、先生と生徒という関係さえなくなって、私は先生と正真正銘の他人になる。特別な理由でもなければ、毎週金曜日に先生に会えなくなる。それぞれ別々の、ふたつの春が始まってしまう」という文章があるんですが、これはこの話の先生と生徒の関係だけじゃなくて、すべての人間関係に言えることですよね。
いまいる場所から離れて、それぞれ別々の道に進むということはなんと寂しいことなのか。

このあたりの気持ちがわかりすぎて涙がとまらなくなるので、三月の別れを引きずっている人は是非読むといいと思うよ。

ラジオ聞いてたら、「元友特集」なるものをやっていて、それが非常におもしろかったのでわたしも便乗して元友の話をしようと思います。

なお、元友とは「元友だち」のことで、以前は親しくしていたのにいまは疎遠となってしまった友人のことです。
例えば新学期にたまたま後ろの席だった子とかね。新歓コンパで知り合った人とかね。

ちなみにわたしは深い人付き合いがなかなかできないので、元友はめちゃくちゃ多いです。

高校2年3年で同じクラスだったAちゃんの話をします。
2年間同じクラスだからね。

まさにAちゃんとは出席番号が前後だったので、仲良くなりました。
Aちゃんはとにかくかわいい!
たぶんクラスで一番かわいかったし、性格もおだやかで優しい。
「一緒に行動する友人」になれてうれしかったし、イコールわたしも対等の立場だと思っていました。
つまり、大きな声で言えないけど、わたしもAちゃんと同じくおだやかでかわいいスクールカースト中位ぐらいだと思っていました。

スクールカーストの格差に気が付かされたのは高校3年生のときです。
高校3年生のときに、Aちゃんとお昼休みにお弁当を一緒に食べていたら、別のクラスのAちゃんの友人が来て、「聞いたよおめでと」と話しかけていました。
その日は何度かそういうことがありました。
何も知らないわたしは、一番仲良しだと思っていたのに何も聞かされていないし、聞いちゃいけないことなのかと思って突っ込むこともできず、ただ素知らぬ顔をすることしかできませんでした。

しかし、Aちゃんもさすがに何度もそういうことがあったので悪いと思ってくれたのか、「実はね…」と話してくれました。
同じクラスのBくん(クラスでそこそこ目立つタイプ)と数日前から付き合っているとのことでした。

ええええええええええ、好きだったことも知らなかったし、良い雰囲気になってることも知らなかったよ!?!?
高校生の女の子同士で毎日一緒にお弁当食べてたのにその手の話全然したことなかったよ!?!?
しかも割りとクラスでも目立つタイプの男の子と付きあってるの!?!?
女子同士の会話って恋話がメインじゃないの!?!?

と、内心めちゃくちゃ驚いたし知らなかったことがショックだったけど、「へ、へー、そうなんだー」と平静を装おったのを覚えています。

その後、Aちゃんは体育祭のチアガール(かわいくて華やかな女の子しかできないポジションだとわたしは思っている)もいつのまにか担っていて、「あっ、わたしと別次元の子だったんだ」とこのとき初めて気がつきました。

その後、卒業までAちゃんとは行動を共にしたけど、結局卒業後は全然連絡を取らなくなってしまったという。

いま考えると、わたしが勝手に「違う世界の子だ」と線を引いたせいで疎遠になってしまっただけで、人間関係にそんな上下はないのにね。
Aちゃんは全然線を引いていなかったのに、わたしが勝手に「この子とは気が合わない」と決めつけてしまって、ああ、なんと浅はかなことか。

という、特にオチもない元友の話でした。
ちょっと悲しくなってきたぞ?

四月大歌舞伎、昼の部に行ってきました。
お目当てはもちろん染五郎さんです
fc2blog_201604040002408e2.jpg

一、松寿操り三番叟
染五郎さんが操り人形になる舞踊。
染五郎さんの舞いの足元がふわふわしていて、本当に操られているように見えるからすごい!
糸が絡まっちゃって人形が混乱する動きなんてとても滑稽でかわいくて楽しい。
あの片足でぽんぽん飛び跳ねながら動くのすごかったなぁ。脚力。

二、不知火検校
一幕目と二幕目合わせて上演時間は二時間半近くの長いお話でちょっときつかった…。
検校の幸四郎さんの迫力がイマイチだったかな~。そんなものなのかな。
検校は正々堂々とした極悪人で見ていて気持ちが良いぐらいだった。
個人的には序盤に出てくる染五郎さんのナマ足にドキドキしたよ!?小悪党っぷりが素敵でしたねぇ

三、身替座禅
めっちゃ笑った。
奥さんに嘘ついて愛人に会いに行って、旦那さんがその報告を間違えて奥さんにしちゃうお話なんだけど、もうおもしろすぎるでしょ。
夫よりはるかに男らしい妻と(まぁどっちも男なんですけどね)、「うわあああやっちまったあああ」とわたわたする夫との掛け合いが最高におもしろい。
内容も現代に通ずるものがあるし、漫才みたいだったな。

夜の部の新作歌舞伎「幻想神空海」も気になっていて、「時間会ったら幕見してみよっかな~」なんて軽い気持ちで考えていたんですが、上演時間見たら休憩なしのぶっ通し四時間だった…。やばすぎでしょ…。でも気になる…。

新年度だ!みなさん張り切っていますか。
わたしは相変わらず出会いと別れでわちゃわちゃする春が苦手です。

今年はいまの部署に来て二年目なので、「新しい環境でドキドキ!」ということもなく、心中穏やかです…と言いたいところですが、今年は別れがつらかったです、とても。
そこそこ親しくしていた職場の人が三月いっぱいで退職してしまい、もう二度と会うこともないかもしれない…と非常にセンチメンタルです。
このセンチメンタルなタイミングであえて朝井リョウさんの『少女は卒業しない』を読み始め、さっきお風呂で読みながら号泣していたアラサーがわたしです。

さて、実は社会に出て七年目に突入しました!うそだろ…。
わたしも就職したり休職したり退職したり転職したりいろいろあったのですが、ここにきてやっと落ち着いた四月です。

このタイミングで社会人になってからの新年度の意気込みを振り返ってみました。

一年目(2010.4過去ブログより)

4月1日は入社式!でした

「入社式の予行練習します!」とか言われて、
なんか知らんけど4回も練習した、、、
することと言ったら、起立!礼!着席!ぐらいなのに、、、
いったい何回立ったり座ったりしたかわからん、、、

実際の入社式では社長の話で寝てしまった!
やる気はあるんですよ、やる気は!

でも社長が
「会社に来るのが楽しい!って思えるような会社にしたい」
って言ってたのは結構印象的だったな

てっきり企業利益!とかがんがん働け!みたいなこと言われると思ったのに、、、
来るのが楽しい会社にしたいって言うのはうれしかったー

研修に関するお話では、教育担当の社員さんが、
「事前に配ったテキストをまさか1ページも読んでいない人はいないよね?
研修は勉強したこと前提ですすめます!」
みたいなこと言ってた。

まさか1ページも読んでないわけないし
目次だけ見たし
という無駄な抵抗を心の中でしてみたよ

そんなこんなで無事入社式は終了しましたとさ

この日はいろんな人としゃべったし、メアド交換もたくさんしたなー
って思ってたけど、あとで電話帳みたら、3人しか増えてなかったよ
がんばろうと思いました


おおお、新卒一年目らしい感想じゃないですか!
そこそこ希望とやる気が漂っている!

二年目(2011.4過去ブログより)

四月です
早くも社会人二年目に突入してしまいました

一年目と比べて成長したことと言えば、特にないです!(どや

強いて言うならば、
人の言うことを右から左に受け流す能力が上がりました!(どや

社会人になってからわかったことと言えば、
なんのために働いてるのかわからないっていう人の気持ち
日曜の夜の絶望
一週間が長い
一ヶ月が短い
父親の偉大さ

そんなところです*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
こんなことばっかり言うからネガティブって言われるんでしょうか…
社会人もそれなりに楽しいよ!
お金あるし!(金かよ

そんなわけで、
今年度もがんばっていきましょー(*^^*)


ああ、一気にマイナス思考になっていますね。やばめです。がんばれわたし…。

三年目(転職して2月に入社したので2012.2自分の日記より)

初出勤!!超緊張した!!
とりあえずみんな良い人っぽい。
若い人超少ないけどがんばるぞ!


やる気復活している。
転職できてよかったねぇ(涙)

四年目(2013.4このブログより⇒ドラクエ4にいまさらはまっています。

4月に入り仕事もすっかり落ち着きお休みも多めな最近です。こんばんは。

というわけで暇に任せてブックオフでドラクエ4買ってきました!うぇい!

RPGって時々発作的にやりたくなりますよね。ね。ドラクエとFFとポケモンぐらいしかやったことないんだけどね。

ゲームのなにがいいかって、なんにも考えずにできるところです。決められたストーリーを楽しみながら決められた通りに進めばクリアできるからね。と言いつつわたしの場合ラスボス手前あたりで、「あ、もうこのボス倒せば終わりだな、もういっか、クリアしたも同然でしょ!」って気持ちになって結局クリアせず終わるパターンが多いんですけどね。ポケモンなんかクリアしてからが本番でしょ!なんて言われることあるけどどういうこと……?

ドラクエ4はいまキングレオでストップしてます。強くて倒せない(涙)。そして「最近ドラクエやってるんだー☆」って彼氏に報告したら、「ゆきな腐った死体に似てるね!」「あとキングスライムにも!」とか言われて悲しい。
ちなみにゲームするとき行き詰まったりクリアできなかったりしたら普通どうするものなんでしょうか。わたしは身近にインターネットなんぞあるものだからついつい攻略みてしまうんですけど邪道ですか。洞窟なんかで行き詰まると絶対攻略みちゃう。ほんとインターネットって便利でどんどん自分でなにも考えなくなってる!ちなみに以前はまっていた「ときメモガールズサイドバージョン」なんか愛情とか上げまくってるのに全っ然両思いになれなくて攻略みまくってやっとこさクリアしたよ!体力とか知識とか相手によってバランスよく上げなくちゃいけないから難しいのよあれ。(豆知識)

はあー明日は土曜日出勤。さくっと終わらせて定時ダッシュしてドラクエに励みます!


働けよ!気を抜きすぎだろ!
まぁ、いまの仕事は二月、三月がめちゃ忙しくて四月になると落ち着くからね。

五年目(2014.3このブログより⇒さいきん

総務課というポジションのせいか、若手のなかでも何年か経って打ち解けてきて仕事を頼みやすいせいか、完全になんでもやさんになってしまいました…。ちょっとした雑用が多い。いいんだけど、良くないと思う(笑)。
もっと専門的な仕事とか、ある程度責任を伴う業務がしたいんだけどなー。サポート的な仕事ばっかりだよ!
それがイヤで「四月からはこの業務やらせてください!」ってうっかり積極的になってしまって今更ちょっと後悔している(笑)。

でも、四月から偉くなる人に、「本部では専門的な仕事が求められるけど、支局ではなんでもできるようになりなさい」って言われて、確かにそうだよなーと納得しました。
「この仕事はあの部署の仕事だから」とスルーするんじゃなくて、ある程度は自分でもできるようになる!というのがいまの目標です。しかしそれを最近がんばって実践していたらさらに雑用が増えて悲しいです…。書類印刷してホチキス止めなんてできればやりたくありません…。

2月末から4月頭までがいちばん忙しい時期なので慣れない残業で大変ですが、いちばん仕事が楽しい時期でもあるのでがんばります。憂鬱なイベントも多くて気が重いけどね…。これ書きながら嫌な仕事思い出して落ち込んできた。


おお、なんだか仕事をがんばっている!
このとき後輩もたくさん入社してきて、上司ともやっと打ち解けて、仕事が結構楽しかったんだよなぁ。

六年目(2015.3このブログより⇒上京しました。

やっと引越しが終わりましたー!!
大変だった!引越しってこんなに労力を使うのね。
3月は引越し準備と仕事の引き継ぎと送別会とてんてこまいでヘロヘロでした。出張も多かった!
なんとかついに都民です。

送別会はいっぱいしてもらって何度も泣きました。
仕事の引き継ぎと片付けがなかなか終わらなくてちょいちょい出勤してたら、散々泣いて泣いて別れを惜しんだ人と何度も鉢合わせて申し訳なかった。「あれ!?東京は?」っていろんな人に言われた。まだいてすみません…。

誰との別れでも泣いちゃう涙もろいパートさん、わたしの最終出勤日に「あ、おつかれさまでーす。じゃまたいつか!」みたいに5秒ぐらいで去ってしまって別の意味で泣いた。そこそこ仲良しだと思っていたんだけどな?

実家での最後の食事はすき焼きで、20年近く使っていたすき焼きプレートが炎上しました。すき焼きおいしかったです。

新しい部署の先輩からは「パンフレット作成時期は帰りが毎日10:00過ぎます。覚悟しといてください。これがわからないと話になりません。」ってメールきてました。いきなり感じ悪いな!と思ってメール見て見ぬふりしました。ごめんなさい。

福岡の上司からは東京生活への激励メール…ではなく「アド街ック天国、今週のは見た方がいいよ!おすすめの街です」って連絡がありました。アットホームな職場です。

1日が初出勤です。
ああ~こわいよ~。


出会いと別れでてんやわんやしている。
これ読み返したら福岡の職場がいまめちゃ恋しい。

そして今年は七年目。
目標は五年目の目標とほぼ同じです。
「この仕事はあの人の仕事だから」とスルーするんじゃなくて、ある程度は自分でもできるようになること。
&しっかりと校正する、ですね…。
請求書とか扱っているので、ケアレスミスはしたくないです…。

あと、職場の飲み会は二次会まで参加が目標。
去年はそこそこがんばって参加したおかげでいろんな人と仲よくなれたので、やっぱり飲みニケーションは大事かな。きついけどねー!(涙)

さて、新年度がんばっていきましょー



最新記事