『キャプテン・アメリカ』
キャプテン・アメリカはさわやかイケメン。
バッキーとの今後が気になるところ。
続編待ちです。次はアベンジャーズかな?

『ブルージャスミン』
ジャスミンこわいです…。こうならないようにしたいね…。

『そこのみにて光輝く』
なんという救いのない映画なんだ。
池脇千鶴の魅力全開。抱かれたいです。

『グランド・ブダペスト・ホテル』
悪趣味グロポップ!
エイドリアン・ブロディめちゃくちゃかっこいい。
戦場のピアニストと同じ俳優さんだってわかんなかった。役柄が違いすぎる。

『チョコレートドーナツ』
号泣映画。同性愛がなんだっていうのよ!!障害がなんだっていうのよ!!(怒)
歌がまた良いんだ。

『渇き。』
なぜか映画館に女子高生が多かった。
最悪のエログロ映画。『告白』の監督だから期待してたんだけどな~。グロいだけだった。

『私の男』
後半の東京編はイマイチだったけど、前半の雪の中での制服姿の二階堂ふみと浅野忠信の2ショットがとても良いです。ときめきました。ラストはよくわからん。

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』
トム・クルーズ最高です!!!!!!大好きな映画になりました。
ちょっと笑いが入るようなアクション映画がわたし好きみたい。
『マイティ・ソー』とかも似た感じかも。すっきりそーかい娯楽映画。

『マレフィセント』
ラストがちょっと雑かな~。そこはもうちょっと説明いるだろう。
マレフィセントとオーロラが次第に心を通わせていくところは泣ける。そしてオーロラかわいい。

『思い出のマーニー』
彼氏はホラー映画だと言っていたけど、わたしはハートフルストーリーだと思っている。
夏にぴったりの映画。

ゆきなさんの本棚 - 2014年07月 (2作品)
powered by booklog

ゆきなさんの本棚 - 2014年08月 (6作品)
powered by booklog


宮部みゆきさんのブレイブ・ストーリーは悪くはなかったんだけど、やっぱり宮部みゆきさんと言えばファンタジーよりミステリーのほうが好きかな。
ファンタジーの内容も平凡。とか言いながら最終巻号泣したんですけどね……。ワタルの成長っぷりに泣ける。これが親心か。

開高健さんのエッセイは短編がたくさん入っていたもので、なんといってもひとつひとつのタイトルがカッコイイ。センスの塊。
fc2blog_201409101755561a6.jpg

アガサ・クリスティーのABC殺人事件はビックリなラストではあったけれど、ちょっとひねり過ぎでは感が。とはいえポアロシリーズは大好きなのでもっと読みたい。

めずらしく新書の国マニアはタイトル通りマニアックな国のことがいっぱい書いてあっておもしろかった。
ちょっと古い本なので、いまとなっては変わった事実もあるかもしれん。

Anotherは死者の見つけ方が…それでいいのかよ!とつっこみたくなるよね!
綾辻さんは先を先を気になるように物語を作るのがうますぎ。
これアニメ化されてるんですね。こわくて見れんわ。



最新記事