ネタバレ感想書く。


ハリー・ポッターと炎のゴブレット〈4‐1〉 (ハリー・ポッター文庫)ハリー・ポッターと炎のゴブレット〈4‐1〉 (ハリー・ポッター文庫)
(2012/10/03)
J.K. ローリング

商品詳細を見る


炎のゴブレットからハリー・ポッターシリーズは登場人物もグンと増えるし物語も佳境に突入でおもしろくなってくるよ。
ただ話が長くなる分、物語の本題までが長いので挫折する人も増えたんじゃないかな。
わたしも初読のときは上巻を読み終えるまでつらかった…。

文庫版の一冊目は物語が進むというよりは登場人物の紹介と、物語ラストに向けての伏線張りというところ。移動キーも意外と最後に出てくるしね。

クラウチ氏とムーディ先生が重要人物!
ムーディ先生大好き。容赦の無い闇の魔術に対する防衛術の授業もよかった。まぁ実際はムーディはムーディじゃないんだけどね…(涙)

三大魔法学校対抗試合が炎のゴブレットでのメインイベント!一巻目はまだ何も始まらないけどね。
そしてハーマイオニーが始めるしもべ妖精福祉振興協会は、今後しばらく出てきて「ハーマイオニーさん、そろそろ諦めればいいのに…」と何度も思ったけど、これだけしつこく出てくる=最後には実を結ぶだからね。がんばれハーマイオニー!

ウィーズリー・ウィザード・ウィーズもね、マジでがんばってほしいよね。

ハリー・ポッター飽きたというクレームが入ったので惚気話書く。

遠距離恋愛なのでわりと電話します。
惚気けるならば毎日電話してます。

ある休日の朝の電話。

いち
2.jpg
3.jpg
4.jpg

泣いた。



(三コマ目のゆきなが上手く書けました。かわいいね。)

ネタバレ感想書く。


ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 3-2 (ハリー・ポッター文庫)ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 3-2 (ハリー・ポッター文庫)
(2012/09/03)
J.K.ローリング

商品詳細を見る


クルックシャンクスとスキャバーズのしつこいぐらいの争いにはこんな裏があったのか。
うるさいな~とイライラしててすみませんでした。

それにしてもハリーとロンがハーマイオニーを無視するのムカついた!
ファイアボルトを先生に渡すの当たり前やん…。
ハーマイオニーの忠告無視してホグズミード行くし。まったくもー!

この巻のスネイプ先生も本当に腹立つけど、ハリー・ポッターシリーズをすべて読み終わったいまとなっては「わかる…わかるよ…涙」という気持ち。シリウス&ルーピン&ハリー父は自分をいじめてきた人だしそりゃ憎んでるよね。
最後まで読み終わるとやっぱりシリウスはそんなに素敵じゃないなぁ。結構自己中心的だしいじめっこだし(笑)
物語を通してみるとスネイプ先生応援したくなってしまうな。

ハーマイオニーちゃんの怪しげな授業の受け方は気になっていたけれど、こんなラストでそれが伏線となってバックビークとシリウスの救出につながるなんてね。うまいことできてる。

またもや関係ないけど、クィディッチ優勝のときのフレッド&ジョージかっこいいよ。見どころ。

ネタバレ感想書く。


ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 3-1 (ハリー・ポッター文庫)ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 3-1 (ハリー・ポッター文庫)
(2012/09/03)
J.K.ローリング

商品詳細を見る


待望のシリウスさん登場だよー!!!!!
初読のときはダントツでシリウスさん好きやった。しかし読み返すとそうでもないな(笑)リア充グループのリーダーで弱い者いじめしてる感じがちょっとね…。
やっぱりフレッドとジョージやろ(しつこい)

騎士バスのスタンさんは意外と物語の後半にも出てくるからね~。
何度「この人、だれだっけ…?」ってなったことか。

そして大臣のファッジさんは『秘密の部屋』から登場してて、最初からそんなに好きではなかったけど、後半になればなるほどムカつくもんなぁ。『アズカバンの囚人』のときもまだマシか。最悪なのは『不死鳥の騎士団』からかな。

そして大事なのはルーピン先生!ルーピン先生大好き!フレッドとジョージの次に好きです。
落ち着いた物腰の闇の魔術に対する防衛術の授業最高です。

それにしてもこの巻のマルフォイ腹立つな~。ハグリッドを辞めさせようとしてマジ悪質。
物語を通してみればマルフォイなんてまだかわいいもんなんやけどね。

忍びの地図×フレッドジョージかっこいいですね…。
忍びの地図作成者のニックネーム
ムーニー=ルーピン
ワームテール=ペテュグリュー
パッドフット=シリウス
プロングズ=ジェームズ・ポッター
は覚えてなくてもこの四人だってわかればいいのだけれど、作中で意外とこのニックネームで呼び合うからちょっと混乱した(笑)カタカナの名前難しいね。

ネタバレ感想書く。


ハリー・ポッターと秘密の部屋 2-2 (ハリー・ポッター文庫)ハリー・ポッターと秘密の部屋 2-2 (ハリー・ポッター文庫)
(2012/09/03)
J.K.ローリング

商品詳細を見る


ポリジュース薬と猫耳ハーマイオニー!!!!!
秘密の部屋は映画も見たはずなんだけど、ハーマイオニーがどんな風になったのか全然覚えてないな。萌?

そしてトム・リドルさんの日記登場(゚∀゚)!
こんな日記が目の前に現れたらわたしもハマりそう。わかるよジニーちゃん。
そしてこれが最初の分霊箱だったとは。この巻ではそんなことはまだ言われてなかったんやね。
しかしバジリスクの牙で無意識に分霊箱である日記を刺すとは。ハリーさん冴えすぎ。

そして今回の黒幕はもちろんハグリッドのアラゴグではなくて、ヴォルデモートのバジリスクちゃん。そして操られてたジニーちゃんかわいそう。てゆうかこのときはヴォルデモートに操られちゃったハリーファンのロンの妹(脇役)としか思ってなかったのに、まさか最後結婚するとは思わなかった…。

嘆きのマートルもなんでこんなに出てくるんだと思ってたら、ちゃんと伏線だったのね。
そしてロックハート先生はいったいなんだったんだwちょっとかわいそう。

それにしても最後に組み分け帽子から剣を取り出すところがかっこいい。選ばれし者って感じ。
「真のグリフィンドール生だけが取り出せる剣」っていうのも良いね。ハリーさんずっと悩んでたからね。

物語の本筋には全然関係ないけど、やっぱりフレッド&ジョージはかっこよくてどうしよう。
終始ハリーだけじゃなくていろんな人をからかうしいたずらするし最高ですね。
[ 続きを読む ]

ネタバレ感想書く。


ハリー・ポッターと秘密の部屋 2-1 (ハリー・ポッター文庫)ハリー・ポッターと秘密の部屋 2-1 (ハリー・ポッター文庫)
(2012/09/03)
J.K.ローリング

商品詳細を見る


ドビー登場!!登場した時点ではドビーうざいなーと思って嫌いだった。ホグワーツ行きの列車にハリー乗せないように仕組むし、ブラッジャーをおかしくするし、騒ぐし。でもいろんなこんなことができちゃうから屋敷しもべ妖精はマジですごい。ドビーの活躍は今後すごいから。ドビーは悪い子じゃないよ。超良い子だよ。

それにしてもこのあたりからフレッド&ジョージがかっこいい。ハリポタシリーズの中でどのキャラが一番好きって聞かれたらダントツでフレッド&ジョージだから。ふたりと一緒に隠れ穴過ごしたいから。

『秘密の部屋』で活躍するのはロックハート先生。要所要所で登場するから絶対にヴォルデモートの配下とか、ダンブルドアの切り札とか、いろいろ考えてたのに、結局ただの変な先生っていうwなんのために登場したんだw

この巻でハリーたちは「黒幕はマルフォイじゃないか?」って疑うんだけど、ハリーたちが疑う=黒幕じゃないってことですよね。マルフォイは終始憎たらしいけど、嫌なやつ過ぎていっそすがすがしいw

そして秘密の部屋後半では!ハリーにメロメロだったはずのジニーちゃんが!

ネタバレ感想


ハリー・ポッターと賢者の石 1-2 (ハリー・ポッター文庫)ハリー・ポッターと賢者の石 1-2 (ハリー・ポッター文庫)
(2012/07/03)
J.K.ローリング

商品詳細を見る


ネビルとスネイプ先生が最高!

ハリーはずっとスネイプ先生が怪しい怪しいって言ってたけど、それこそスネイプ先生が黒幕ではないっていうフラグだよね。スネイプ先生、ハリーを憎んでいるくせに救おうとするなんてとんだツンデレじゃないか…!

ネビルはかわいい。最後でダンブルドア先生がネビルに得点いっぱいあげるところとても良いね。泣ける。
ダンブルドア先生がこんなにもグリフィンドール贔屓してだいじょうぶなのかなって気もしたけどw

ハグリッドはうっかりさんで、この人に秘密をあんまり話しちゃ駄目でしょw酔った勢いでフラッフィーの攻略法話しちゃいかんやろwでもそこがハグリッドの魅力なんだけどね。

黒幕はクィレル先生。スネイプ先生ではないやろwとは思ってたけど、クィレル先生だったか~。全然眼中になかったw
それにしてもみぞの鏡が賢者の石をゲットするためのキーアイテムだったとは。ダンブルドア先生は策士。最後は結局ダンブルドア先生がヴォルデモートを撃退って!ここまでのハリーの苦労はいったい…と思ったけど、ハリー・ポッターシリーズを全部読み終えたいまとなっては、ダンブルドア先生は近いうちにハリーとヴォルデモートが必ず戦わなければならないってことを全部わかってたから、ハリーを立ち向かわせたんだろうなと納得した。

そして次は『秘密の部屋』!
[ 続きを読む ]

ハリー・ポッターシリーズはハードカバーでずっと読んでたけど、出版ペースが遅いので、話も後半になると登場人物がわんさか増えるのもあって、話の途中で誰が誰なのか忘れてしまってよくわかんなくなって謎のプリンスで挫折してた。

けれどもゴールデンウィーク暇だったので、イチから読みなおそうと決意。
文庫版を全巻大人買いして、およそひと月かけて読み終わったよ!


ハリー・ポッター文庫全19巻セット(箱入)ハリー・ポッター文庫全19巻セット(箱入)
(2013/03/18)
J.K.ローリング

商品詳細を見る


ネタバレ感想書く。





ハリー・ポッターと賢者の石 1-1 (ハリー・ポッター文庫)ハリー・ポッターと賢者の石 1-1 (ハリー・ポッター文庫)
(2012/07/03)
J.K.ローリング

商品詳細を見る


『賢者の石1』はもうわくわく楽しい!ホグワーツ魔法魔術学校に入学するの巻。

変わったことが大嫌い!なダーズリー一家にいじめられてるハリーがハグリッドに連れられて、ダイアゴン横丁に向かうところなんて、ハリーといっしょにわたしもうれしい。ダーズリー一家から逃れられてほんとうに良かったねぇ。

ダイアゴン横丁にはオリバンダーおじいさんの杖のお店(゚∀゚)!最近完成したUSJのオリバンダーおじいさんのお店がとっても良さそうだったからわたしも杖ほしいです。
ダイアゴン横丁では杖だけじゃなくって魔法の教科書とかいっぱい出てきて楽しい。わたし魔法史の教科書ほしい。そしてハリーさんは魔法史の勉強をもっとちゃんとしてたらいろんな困難をもっと楽に乗り切れたと思うよ!ハーマイオニーさんがいつも魔法史の教科書からいろいろ教えてくれてたじゃないですかー!魔法史のとき寝るなよハリーさん。

そしてキングス・クロス駅の9と3/4線からの出発。てゆうか、ハリー・ポッターといい、シャーロック・ホームズといい、ロンドンが最高すぎるから行きたくて行きたくてたまらんな。マジで誰か行きませんか…。

かの有名な組み分け帽子もこの巻で初登場!組み分け帽子も最初はクラスを分けてくれるかわいいものだけど、物語の後半では警告を与えてくれるからね。優秀。
ちなみにクィディッチも初登場!だけど、わたしはハリポタシリーズのクィディッチにはそこまで関心なくて割りとスルーして読んでた。スミマセン。ただしフレッド&ジョージが超好きなのでふたりががんばってるとこだけ真剣に読んでた。スミマセン。

『賢者の石1』では主要キャラの登場でとどまっているのでまだトキメキは少ないかな。
盛り上がるのはこれから!って感じです。



最新記事