11月読んだ本

ゆきなさんの本棚 - 2013年11月 (8作品)
powered by booklog

ご覧のとおり、『白い巨塔』を読みまくった1ヶ月でした。
ここまでおもしろいとは予想外であった……。

ストーリーは前半は教授選挙、後半は医療裁判。どっちも最後まで目が離せませんでした。
主人公の財前さんは最初はまじかっこよくて「財前に手術されたい……」とときめいていたのに、途中から大っ嫌いになりました(笑)本を叩きつけたくほどイライラさせてくれちゃって!

これだけ財前さんやまわりの目論見にもやもやさせられる小説だったので、もはや里見さんだけがわたしのオアシスでした。なんて良い人なんだ。

でも実はいちばん好きだったのは大河内さんですよー!彼もオアシス。

『白い巨塔』がこれだけおもしろかったので、山崎豊子さんの小説はこれからいろいろ読んでみようとウキウキしてます。
なんといっても有名小説盛りだくさんだからどれから読もうか楽しみでならん。


内田百閒の『御馳走帖』とても良かった。食べ物エッセイ。食べ物だけじゃくてお酒やタバコの話も。
百閒さんの妙なこだわりがおもしろおかしい。変な頑固親父だったんだろうな~(笑)

ポーの『モルグ街の殺人』はラストでひっくり返りそうになったよ……。いろいろ登場人物紹介しておいてそれかい!(笑)史上初の推理小説だと思うと感慨深いですが。
そしてシャーロック・ホームズにも似たような話があるよ。コナン・ドイルさんもポー読んでたみたいだしね。
この短編集のなかでは「黄金虫」がいちばん好きです。

シャーロック・ホームズは相変わらず大好きです。
「三人ガリデブ」良かったなー!!ホームズのワトスンに対する愛が!!たまりません!!

みた映画

ゆきなさんの本棚 - 2013年11月 (4作品)
ももへの手紙 [DVD]
読了日:11月13日
評価3

好きだ、 [DVD]
読了日:11月25日
評価2

powered by booklog


『アダムズファミリー』はあのテーマ曲は知っているのにみたのは実は初めてという。
ホラーコメディっていいね!娘が美人で不気味でブラックユーモアが冴え渡っていた。

『ももへの手紙』はストーリーはベタだけど、夏の田舎ってどんなアニメでもだいたい雰囲気いいです。

『好きだ、』はどうしようもない映画だった。あおいちゃんの制服姿にときめくだけの映画かな。
「映像がきれいな映画☆」っていう感想は甘え。それってストーリーないやんか……。
そして瑛太って若いころあんまりかっこよくなくておもしろかった。

『サンセット大通り』は最高やったね~~。こわい!
女優と執事の関係も、女優と主人公との関係も不気味。
印象的なのはふたりがダンスしてるシーンかな。華やかなのにがらんとした空間がこわい。
ラストはしばらく頭から離れないなこれは。


そして映画館ではまどか☆マギカみてきた。
話の展開についていけなくて家に帰って復習しました(笑)。ほむらちゃん……!!
前半は変身シーンが無駄にかわいいし、ケーキのゲーム意味分かんないし、そのほのぼのさに逆に「後半なにが待っているんだよ……。きゅうべえなんでおとなしいんだよ……」とハラハラした。期待は裏切られませんでした!!

入場特典のフィルムは期待してたのにこんなんでマジがっかり。
なにこれ。バスです……。
fc2blog_20131205223446f43.jpg

大学のときのサークル同期の結婚お披露目パーティーに行ってきた。広島まで。
同期が20人近く?集まって超楽しかった。

パーティーはすっごく良くて、新郎新婦入場の時に泣き、結婚式映像で泣き、ケーキカットで泣き、新郎から新婦への手紙で泣いた。10代の女の子が号泣してたらかわいいものがあるけど、アラサーの女がぼろぼろ泣くなんて結婚に執着しまくりおばさんみたいで気持ち悪いな。誰が気持ち悪い結婚に執着しまくりおばさんや!失礼な。

そして同期一同で余興をやった。
同期は住む場所がバラバラなので、関東チーム・関西チーム・九州チームに分かれて2,3分ずつ余興をした。
関東チーム、関西チーム、めっちゃおもしろかった。ここでは深くつっこまないけど、しばらく動画みるだけで元気出る。

九州チームのわたしはももクロちゃんの怪盗少女を踊った。
ポジションはピンクのあーりんを狙ってたけど、うそです、本当は全然狙ってません、ももクロちゃんのアイドルあーりんにわたしはなれない!!!ということはメンバーみんなちゃんとわかってくれてて、わたしは緑のももかちゃんでした。

まさかコスチュームを着てミニスカートで踊ることになろうとは……!うわあ!やばい!と思ってたけど、本番あんまりわたしのこと見てる人いなくて全然気にすることなかった(泣いてる)!いや、実はおったかもしれん。彼氏があーりんかわいいって言ってた事実はこの際なかったことにしよう。

実はわたしダンスって苦手で苦手でどうしようもない。「実は」って書いたけど誰も実はって思ってない可能性ある。「案の定」が正しいかもしれん。泣いてない。
高校の運動会のとき、委員決めのじゃんけんで負けて泣きながらダンス委員になったことがある。ダンスを作るのがダンス委員なのにわたしなにひとつアイディア出さないまま本番むかえた。これはこれで素晴らしい実績かもしれん。
そして運動会のときはなんだかんだ言いつつダンスはちゃんと覚えたけど、踊りは合ってるはずなのになんか違う……?と言われ続けて……?

ゲーセンにある音ゲーもリズム感がないのでからっきし駄目。これってかわいければ「どんくさいなー!でもそこがカワイイ!」ってなりそうだけど、わたしの場合……やめろ!それ以上はやめろ!

そんな悲しい話は置いといて、ダンスは苦手だけどももクロちゃんダンスの練習楽しかった。なんか違う……?感は結局最後まで抜けなかったけど。

衣装を揃えたり、みんなで集まってスタジオ借りて練習したり、個人練習したり、みんなでわいわいしながら体動かすの楽しい。当日も(たぶん)間違えずに踊れて良かった。

そして余興最後のスライドでメンバー紹介としてサークルみんなの名前が出てきて、実はその中にわたしの名前なかったけど泣いてないよ(言えなかった)。

兎にも角にも、改めて結婚ってとってもいいね。幸せいただきました。
二次会も大学のときを思い出してめっちゃ楽しかった。

来月も友人の結婚式に参列予定なので、これもまた楽しみです。余興しなくていいから緊張せずに行ける(今回のパーティーは自分の余興が終わるまで不安でたまらなかった笑)。



最新記事