石橋美術館であってる<洋画家たちの明治>展にいってきた。
メインは高橋由一の鮭です。チケットも鮭です。
fc2blog_20130828214821ec2.jpg

ベタだけど、黒田清輝の<針仕事>がとても良かった。光に溢れて綺麗。そして高橋由一は<鮭>も良かったけど、となりに展示してあった<鯛>も捨てがたかった。魚いいよ、魚。

おもしろかったのは、当時(明治)は写真が普及し始めた時代ではあったんだけど、まだまだ絵画>写真だったので、いかに色彩まで正確に描けるかが重要だったっていうこと。
写真はまだ白黒だし、もちろんいまみたいに画質がいいわけでもないから、そりゃ油絵が普及し始めたら色彩は表現できるわリアルに描けるわで、絵画がより正確さを求められていたのかもしれない。
とは言っても青木繁の絵なんかは精密な作品もあるけど、<海の幸>はあえて未完成っぽくしてそれを作品として出してるんだから、一概に正確な描写=素晴らしい!ってわけでもないのかもしれん。

ところで、わたしは美術館では音声ガイドを必ず借りるんだけれども、借りない人のほうが多いのかな。大学生のときは「わたし美術学んでるんでガイドなんていらないし。美術は感じるものだし。説明ばっかり聞いても意味ないし」といった阿呆なことを考えていてガイドを借りたことが一度もなかったけど、最近やっととんがった精神が(たぶん)丸くなり、「なんにも知らないで作品をみるなんて駄目だ。ある程度知識がないとなにも感じ取ることができない」ということにやっと気が付きました。でも音声ガイドってちょっと高いよね。たかが500円、されど500円。数年前にルーブル美術館いったときも音声ガイド借りてみれば良かったなあなんていまさらちょっと思う。

そして美術館は主にひとりで行くことが多いけど、人と行ったほうが断然おもしろいんよね。自分と違う感じ方に出会えて楽しい。なかなか予定と好みが合う人を見つけるのが大変なんだけどね(というかついつい面倒くさがってしまって誰も誘わない)。

来月また東京遊びに行くから美術館ちょっと回りたいな。

カンボジアに行ってきた。すごく楽しかった。

旅行代金
フリーツアー料金:三泊五日88,145円(大韓航空、アンコールホリデイホテル)
オプショナルツアー料金:
アンコール3大見所 アンコールトム、タ・プローム、アンコールワット、プノンバケン 1日ツアー:3,000円
1日で遠方3遺跡!バンテアイスレイ・クバールスピアン・ベンメリア:7,000円
その他(チケット代・食費・お土産等):20,000円程度

ホテルはお風呂湯船付きだし広いし朝食美味しいしとても良かった。

飛行機は行きが釜山乗り継ぎ、帰りがソウル乗り継ぎで、釜山で6時間待ち時間あったのがちょっとつらかった。釜山市内(四面)まで出たんだけどご飯食べるぐらいしかできなかった。ちゃんと前もって垢すりの場所とか調べておけばもっと有意義に過ごせたかもしれないな。

オプショナルツアーにするか自分たちで回るか悩んだ結果、オプショナルツアーに参加した。バスで移動できるしガイドさんが見どころに連れて行ってくれるから楽チンだった。なにより自分たちだけだったらこんなに遺跡みてまわれなかったと思う。暑いし歩き疲れる。クバール・スピアンやプノン・バケンなんか完全に登山だった。でも一番楽しかったのは自分たちでうろうろしたマーケットとか晩ご飯だから、やっぱり自分たちで回れたら違う楽しみもあったかもしれん。

三日目は自分たちでいろいろ回った。戦争博物館と活気のないクロコダイルファーム。そしてお買い物。

遺跡について
カンボジアと言えばアンコールワットですが、それ以外にもたくさんの遺跡があって見応えがあった。写真をどかーんと載せようかと思ったけど、わたしよりちょっと前にカンボジアにいった友人がブログでカンボジア旅行の写真をいっぱい載せていて「くっ、先を越された……!」という思いなので有名どころの写真は載せません。

はてさてアンコールワットは都心部から車で15分程度だけど、郊外の遺跡となると1時間以上かかったり、山を登ったりで結構大変だった。汗だく。

今回の遺跡巡りで期待していたのは遺跡のレリーフである。レリーフ萌えした。たまらん。これはプノン・バケンのレリーフ。柱の部分が細かい葉?のような装飾になっている。こういった装飾はヨーロッパのほうでもよく見られた気がするんだが前世界共通なんだろうか。
P8181178_convert_20130822230312.jpg

一番綺麗だったのはバンテアイ・スレイかな。レリーフが消えかかっている遺跡が多いなか、バンテアイ・スレイはくっきりと残っていた。こじんまりとした遺跡だったけど素晴らしい。P8171052_convert_20130822223329.jpg

アンコール・トムもおもしろかった。建設当初は仏教寺院だったのに、途中王様が変わってヒンドゥー教寺院になったらしい。おかげで日本人にも馴染みやすい仏教っぽさが親しみやすかった。レリーフも壁一面綺麗に残っていて感激した。すごい!
P8181111_convert_20130822225915.jpg

アンコール・ワットはヒンドゥー教寺院から仏教寺院になったらしく、仏教になったときに仏教にそぐわないヒンドゥー教のモチーフは壊されて、仏教にも通じるようなヒンドゥー教のモチーフだけ残されたらしいよ。そぐわないものってなんだろうね。男性のシンボルとかですか。そうですか。男性のシンボルと女性のシンボルはいろんな遺跡で目撃しました。特にクバール・スピアンでは目立っていた。一緒に旅行した友人は小学校の先生をしているので、今回の旅行の写真を子どもに見せようとしていたのに、どうやって説明しよう……と悩んでいた。

アンコール・ワットのレリーフ。結構薄くなっている。
P8181155_convert_20130822230132.jpg

クバール・スピアンのたくさんの男性のシンボル。写真だとまったく見えませんね。それでいい。
P8171061_convert_20130822223526.jpg

どの遺跡でもみんな写真を撮りまくっているのですが、遠近法を使ってアンコール・ワットをつまむ写真を撮ってみたり、遺跡のドアっぽいところを額縁に見立ててt写真を撮ったり、蛇の彫刻の横でガオーッって顔したり、そういう光景みてるとちょっと恥ずかしくなった。そんな写真を撮るために遺跡を見にきたわけじゃない!

ラピュタのモデルになった(らしい)ベンメリアは近年日本人に大人気だとか。途中で「天空の城って……どんなんだっけ?」と気が付きました。ラピュタみたの随分と昔です。もっと廃墟萌えするかなと思っていたけど、予想以上に悲しい気持ちになった。ひどく崩壊されている理由のひとつは自然によるものらしい。タ・プロームは木や草がわんさか生えてきて崩壊してしまったとか。でもこのベンメリアは戦争での破壊によるところが大きいとガイドさんが言っていた。戦争がなければアンコール・ワットに次ぐすごい遺跡だったろうに。
P8171068_convert_20130822223748.jpg

ガイドさんと言えば、やたらと車ギャグが多かった。「昔の偉い人はね、立派な象や馬に乗っていたよ。いまも同じね。お金持ちは良い車に乗るね。HAHA!」日本人=車のイメージが強いんだろうか。そして日本人が写真好きってことわかっているんだろうね。いっぱい写真撮ってもらった。最後のほう写真疲れしてわたしの顔完全に死んでる。

戦争のこと

戦争博物館に行った。わたしたち以外お客さんが全然いなくて寂しかった。友人曰くベトナムの戦争博物館は人も多くて施設もそこそこ良いらしい。カンボジアはなんでこんなにもさびれているんだろうか。カンボジアは内戦だからかな。
博物館のガイドさんにいろいろ話を聞かせてもらって、最後に戦車を指さして「この上に乗っていいよ。写真撮りますよ」って言われたときは戸惑った。地雷の話とポル・ポトの話聞いたあとにどんな顔して写真に写ればいいの。生真面目な顔で写真撮りましたが。
地雷で腕をなくした人がガイドしてくれて、最後にはいくらか寄付して帰った。戦争で傷ついた自分をある程度見せしめにしないとお金は集まらないんだろうな、なんて思った。戦争で使われた武器とか地雷がバラバラと無造作に並べてあるだけの博物館だったから、もっときちんとした施設に今後発展してほしい。でもお金ないんだろうなあ。「政府は支援してくれませんー!」って言ってたしな。

食べ物のこと

食べ物全部美味しかった。一回だけまずいスープ飲んでしまったけどそれ以外は最高だった。タイ米(?)なのでピラフがパラっとしてて超おいしい。グリーンカレーも辛くなくておいしい。お魚のフライも白身魚がぷりぷりでおいしい。味付けは塩コショウとチリソースが多かった気がする。それにしてもコショウが名物なだけあってコショウ味最高。お店はイタリアとかフランスでもそうだったけどテーブルが外に出してあってオープンな雰囲気で気持ちいい。暑かったけどそこまで気にならないぐらい気持ちよかった。昼から飲むアンコールビール最高。
写真でそこまで美味しさが伝わらないのはわたしの写真が下手だからです。
P8171082_convert_20130824004205.jpg

マーケットのこと

ナイトマーケットとオールドマーケット、超超楽しかった。日本でもしたことない値下げ交渉なんぞした。楽しい。
沢木耕太郎さんの深夜特急でこんな話があった。なんの乗り物か忘れてしまったけど、運賃の値下げ交渉をして、お金のない貧乏バックパッカーの沢木さんは無理やりすごく低価格にしてもらったそう。でも実際に乗ってみたら思った以上に大変な距離で運転手もすごく大変そうで、ああ、これは悪かったなと思った沢木さんは最初に下げた値段より多くお金を払った。でもその運転手はそのお金をひったくるように取ってそのまま去っていってしまった。多めにわたして感謝されたかったのだろうか自分は。こんな嫌な思いをするなら最初から多めの金額で乗って運転手も自分もいい気分で終わりたかった。うろ覚えだけどこんな話だった気がする。こんな話を先に読んでしまったので値下げ交渉には抵抗があったけど、今回のマーケットでは最初から値段下げる気まんまんで売ってくるから悩む必要全っ然なかった。「これ10ドル!ディスカウントしますよー」って言ってくる。かごバッグかわいい、クロマーかわいい、ズボンかわいい、お茶かわいい、アクセサリーかわいい、可愛いづくしで楽しすぎた。全部安いし。

それにしてもカンボジアの売り子さんの商売意識が謎であった。店内ではだらっと本読んだり人としゃべったりしてるのに、ちらっとわたしが商品を見だした途端「安いよ安いよーお姉さん安いよー」と寄ってくる。ちなみにときどきオバサンって言われた。その店では何も買わなかった。のんびりした雰囲気なのに「安いよー安いよーいかがですかー」は押しがすごい。首都のプノンペンでも同じ雰囲気なんだろうか。一番商売精神旺盛なのはトゥクトゥクの運転手だろうけど。「トゥクトゥク乗る?乗る?」攻撃すさまじい。日本のタクシーでは考えられん。トゥクトゥクにはなんどか乗ったけどもう大好きです。日本でも普及してほしい。快適。「いまのわたし……最強!」って思ってしまう。

そういえばカンボジアでは一回もスコールに降られなかった。多いときで一日三回は降るらしい。「あなたたち晴れ女ねー!」って帰り際ガイドさんに褒められた。

めいいっぱい楽しんだカンボジア旅行であった。暑いけど最高。というか福岡のほうが暑いね……。

カンボジアに旅行することが急遽決定しました。

出発の2週間前にしてパスポートの期限が切れていることに気づき動揺しました。とはいっても2週間あれば余裕でしょ、なんて思って平日に休みとってパスポートの手続きをしに行こうとしました。

ところでわたし知らなかったんですが、パスポートは期限内であれば戸籍謄本なしで更新手続きができるけれども、期限が切れてると戸籍謄本がいるんですね。ここでちょっと焦って区役所にあわてて戸籍謄本をもらいにいくことに。そして区役所に入って書類を書く瞬間に気が付きました。「わたしの本籍……福岡じゃない!」

戸籍謄本、本籍地から郵送取り寄せ決定です。なんてドジっ子なんでしょう。速達で取り寄せ願いを出して待つこと三日。無事に戸籍謄本が届きました。

さらに困ったことに、パスポート作成に必要なものは揃ったものの、わたしには平日休みが残っていませんでした。パスポートセンター平日の9:00~17:00ってひどすぎませんか。いや、ぎりぎりなわたしが悪いです。ごめんなさい。

無理してパスポート手続きしないと出国に間に合わないので、お仕事の合間、昼休みにパスポートセンターに駆け込みました。タクシー使いました。申請書は前もって家で書いておいたので、お昼休み1時間でギリギリセーフ!汗だくで仕事に戻ります。お昼食べる暇がなかったので給湯室でこっそりおにぎり食べた。

そして本日パスポート受取日だったんで、今日もお昼休みにタクシーでパスポートセンターに駆け込むという……。もうやだこんなギリギリな生活!

なにはともあれ出国二日前にパスポート完成です。ほんと間に合って良かった。

カンボジア超楽しみ。アンコールワットはよ見たい。



最新記事