皆さん知らないかもしれないけれど、わたしモテないんですよ。
びっくりしたでしょー?信じられないでしょー?(ここで顔面パンチ)
彼氏がいつも入れ替わり途絶えない女なんて魔女としか思えないし、痴漢なんて都市伝説だと思ってる。
そんなわたしがナンパ!しかも外国人に!そりゃもう大変なことですよ。なんて見る目があるんだ!(すいません)

先日、素敵女子を気取ってカッフェで読書してたんですよ。テーブル席が空いてなかったんでカウンターで。そしたら隣に外国人が座ってきたんですよね。これがなんと細身の金髪白人ですよ!ザック・エフロン並みイケメンだったらそりゃもう舞い上がってダッシュで逃げるんですけど(イケメンオーラに耐えられないため)、外国人といっても30代後半ぐらいの普通のおじちゃんだったので特に動揺することもなくそのまま本読んでました。

割りと熱中していたら、ひとりまたひとりと客が帰って行き、店内は空いているのにわたしと外国人は隣り合って座っているというちょっと気まずい状況に陥り、そろそろわたしも帰ろっかなーなんて思ったところ、「アノ、スイマセン(片言の日本語)」とか言って話しかけてくる外国人。わたしここで超動揺。まさか外人のおじちゃんに話しかけられるなんて思ってもいなかったしよくみると肩にでっかいタトゥー入れてあるし、なにこれこわい!

そんなわたしの動揺を物ともせず話しかけてくるおじちゃん。
「書キ順教エテクダサイ。」見せられたのはノートに書かれた「善」という文字。
えっ、善!?なに!?書き順!?と、動揺しつつも文系の血が騒いだわたしは「うぇる…わん、つー、すりー、…という書き順です」となぜか英語で書き順をカウントしつつ教えるという。

そこでこのおじちゃんテンション上がったのか「ナンノ本読ンデルンデスカ?」やら「ドコニ住ンデルンデスカ?」やら質問攻めにしてくるわくるわ。いやまさか三浦しをんの『桃色トワイライト』読んでます、内容はホモ漫画好きのしをんさんのエッセイですねーなんて言えないし…。

それでもなんやかんや会話してると、この外国人はオーストラリアだったかオーストリアだったか忘れたけど、そこから日本にきて、いまは音楽やってるんだぜ!ギター弾けるんだぜ!みたいなこと言ってました。

「メールアドレス教エテクダサイ」って言われたときは、そりゃちょっとは嬉しかったけど、嬉しい気持ちより圧倒的に帰りたい気持ち優勢だったので(コミュニケーション疲れ)、「ノーメール!ノーメール!ワタシカエル、ヨウジアル(なぜか片言がうつる)」なんて言いながら帰りました。外国人チャラい(偏見)。

それから数カ月後、そんな出来事もすっかり忘れていたんですが、先日また同じカッフェでお茶してたんですよね。そしたらなんとまた!同じ外国人のおじちゃんが隣に座ってきたからビックリ。やばー前回逃げ帰っちゃったし気まずいわーと思ってそそくさと帰ってしまおうと思っていたら、「アノ、コレ書き順教エテクダサイ。」見せられたのはノートに書かれた「善」という文字。え?なにこれデジャヴ?

なんとまあこの外国人、わたしのことすっかり覚えていないという。わたしが好みだったからナンパしたわけではなくおそらく女性なら誰でもよかったんですね…。先日ナンパなんてされて、「もしかしたらわたし可愛いのかも?モテるのかも?わたしが気づいていないだけで、こっそりわたしに想いを寄せている岡田准一がいるのかも?」なんて少しでもテンション上がったあのときのわたしかわいそう。
そんなわけでちょっぴりショックを受けたので「ワカリマセン」と言って帰りました。

実はこれ結構前の話で、さらに続きがあって、おそらくその外国人は近所に住んでいるんですよね。そのためこの前再び姿を目撃しました。別の女の子をナンパしていました。なんというアグレッシブさ。すごいわ。

そんでもっていまだにチャリで走るおじちゃんの姿をたまに見かけます。早く彼女できることを勝手に祈ってます。わたしはそれ以来誰にもナンパされてません。

北九州市立美術館であってるルーベンス展に行ってきた。

《キリストの復活》がおもしろかった。復活したばっかりのくせにやたら健康体(マッチョ)のキリストがどや顔でこっち向いてて笑ってしまった。

ルーベンスの作品って男性はやたらとマッチョだし女性はやたらとふくよか。なんと太ももあたりのセルロースまで描かれている。ルーベンスの作品っていうかこの時代(バロック期)の作品は割りとそうかも。ふくよかな女性が好まれていたんでしょうね。いいなあ(切実)。ルーベンスの絵をみるたびに彼氏が「(絵画の女性の太ももとかお腹を指さしながら)これゆきなにそっくり!」と言ってくるのどうにかなりませんか。

北九州市立美術館って良い展覧会結構やってるのに福岡からのアクセスが良くなくて行きづらいのがかなしい。福岡からJRで戸畑まで行ってそこからさらにバスで20分近く。うーん。

今月末は東京行くので、中原淳一展とルドン展とレオナルド・ダ・ヴィンチ展に行きたいです。

数年ぶりに歯医者に通っている。歯石除去のためです。
小学生の頃?までは歯科検診があったような気がしますが、大人になってからないよね。虫歯が痛くなるまで歯医者なんて行かないよね。でも歯の様子は気になっていたので意を決して歯医者に行きました。結果虫歯なしでしたが歯石が溜まってるねーってことになったので早速除去です。

知らなかったんですが、歯石除去って超!痛い!歯医者さんに容赦なくごりごりされながらなすすべもなく半泣きですべてを託すわたし!もう!多少歯石残ってもいいからやめて!って言いたくなるぐらい痛い。大人なんで言いませんけど。

わたしが思春期男子なら歯医者さん(美人)のおっぱいが治療中にあたる妄想なんて楽しめるかもしれんが、残念ながら思春期男子ではない。でもわたしが通ってる歯医者の女医さんは美人ですよ。マスクマジックの可能性あるけど。※マスクマジック…マスクで鼻から下を覆うことにより実際より美人に見える現象。実はわたしもマスクマジックを多少使えます!どや!

いやしかし、歯石除去は痛いけど、その分結果が得られるので超気持ちいいです。歯がつるっつる!これだけつるつるになるなら痛くてもがんばって通えるな。

そして1回目の歯医者では3,000円も取られてええー!?ってなったけど、2回目は500円だった。良かった。無事に除去作業終わったので、これでしばらく歯医者行かなくていいな。

それにしても年をとってくるとこういった健康系の話題が盛り上がって仕方ない。先日、家族でご飯を食べたとき、お父さんとお母さんとわたしで健康話に花が咲いていたところ、妹(21歳)が「その話楽しいと?」ってしらけた目で聞いてきた。そうだよね、21歳で健康診断トークで盛り上がることはないよね。これが若さってやつか。

ディズニシー初体験してきました。いや、もう、こんな普通のこと書きたくないんですけれども、ディズニシーめっちゃ楽しかった。すごいわ。

ミッキーが想像以上にスーパースターで震えました。
ミッキーのジャズバンド超かっこよかった。
しかもラストのショーでは光る衣装を着て登場し、打ち上げ花火をバックに拍手喝采を浴びておりました。身近な存在だと思っていたミッキー、いつからわたしと彼の間にはこんなにも距離ができてしまったんだ。

人気のトイ・ストーリー・マニアは100分待ちだったのでファストパスを利用したものの、10時頃取ったのに乗れるの夜9時て!プレイボーイだなウッディ!ちなみにトイ・ストーリー・マニアの夜のウッディきらきら過ぎた。あのトイ・ストーリー区画だけ夜のネオン街みたいになってた。
fc2blog_20130619090837f76.jpg

もひとつ人気のタワー・オブ・テラーとかいうアトラクションには二度と乗らない。なんだあれ!超こわいやん!垂直に落ちるやん!「ディズニーだしアトラクションでこわいのなんてないでしょ。」なんて舐めててすいませんでした。垂直に落ちるアトラクションはね、以前三井グリーンランドでも乗ったことがあるんですけどね、あれはやめたほうがいい。あんな乗り物は駄目よ(涙)。

それにしても平日&小雨のおかげでそこまで待ち時間には悩まされず満喫できたのでとても良かった。ディズニーが愛される理由がよくわかったよ。平日なのにあれだけのショーやらイベントやらやってくれるなんてそりゃ嬉しいよ。結局朝から閉館までいたし!
入場料6,000円(実際は千葉県民の日で5,000円だった上におごってもらいました)だけでこんなにも楽しめるなら安いもんだなーなんて思っていましたが、うっかりお土産屋さんに入ってしまったため結局散財しました。ディズニーこわい。あんなふざけたミニーの帽子なんて今後絶対使わんのに2,600円て!かわいい!
fc2blog_20130619090859933.jpg

ちなみに今月末もまたTOKYOです。今度は仕事で。後泊しちゃうもんねー!

今月はシャーロック・ホームズばっかり読んでましたー!最高に楽しい。
まだまだ読んでないシリーズがいっぱいあるのでしばらく楽しめそうです。

なんといってもホームズとワトスンの名コンビがとても良いです。仲良すぎ。完全に夫婦。ホームズの変人っぷりにあんなにもおおらかな心で接することができるのはワトスン君だけだ!

シャーロック・ホームズシリーズは有名なので名前だけは知っていましたが、ちゃんと読んだことがなかったんですよね。なのでわたしのなかでは重厚な本格推理小説!ってイメージを勝手にもっていました。しかし実際に読んでみると全然違うんですね。いや、本格推理小説ってことに間違いはないんだけど、思った以上に軽い。シャーロック・ホームズシリーズは短編または長編といっても短めなのでそのせいだとは思いますが、話がトントントンと進んでいくのでとても読みやすいし飽きがこない。お話全部が推理の伏線になっていてホームズがあっという間に回収する感じかな。そしてワトスン君に癒される(笑)。

シャーロック・ホームズシリーズはいろんなところから文庫が出ていますが、わたしが読んだのは新潮文庫です。いちばん新潮文庫版が有名っぽかったし、表紙がすごくお洒落です。

ちなみにシリーズの正しい順番は
「緋色の研究」⇒「四つ署名」⇒「シャーロックホームズの冒険」⇒「シャーロックホームズの思い出」⇒「バスカヴィル家の犬」⇒「シャーロックホームズの帰還」⇒「恐怖の谷」⇒「シャーロックホームズ最後の挨拶」⇒「シャーロックホームズの事件簿」
らしいです。すでにわたし読む順番間違えてるんだけどねー(笑)。

コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの冒険』

最初の短編集。「ボヘミアの醜聞」から始まり、最初からこれかよ!と不安になりますが、そりゃもうなんとも楽しい短編集でした。大満足。

コナン・ドイル『緋色の研究』

シャーロック・ホームズシリーズの一番最初。先に『シャーロック・ホームズの冒険』を読んでいたので、ホームズとワトスンの出会いが読めて嬉しかった(*´ェ`*)後半からガラッと空気が変わっておもしろいです。そしてタイトルが『緋色の研究』となんだかとってもかっこいいけど内容とちょっと結びつきにくい(笑)。

コナン・ドイル『シャーロック・ホームズの帰還』

読む順番を間違えたので、最初の短編「空き家の冒険」は読むのをやめておきました(前作『バスカヴィル家の犬』の続きっぽくなっていたため)。「踊る人形」とか、良いですよ。暗号が絶妙に不気味で良いですよ。

コナン・ドイル『四つの署名』

ワトスン君がー!!!!!ラストのホームズかわいい。

映画『シャーロック・ホームズ』

そもそもシャーロック・ホームズシリーズを読み始めたのは、このDVDをなんとなく借りたので、映画を見る前にちょっと原作読んでおきたいなーと思ったのがきっかけです。
原作を読んだ人にありがちな「原作と違う!(怒)原作のほうがおもしろい!(怒)」という感情にならなかったといったら嘘になりますが、これはこれでアリかもしれない…?
『アイアンマン3』を見たあとにこれを見たので、ロバートダウニーJrがアイアンマンにしか見えなかった(笑)。

●その他読んだ本●

有川浩『県庁おもてなし課』

映画化されると話題だったので読んでみました。有川浩さん安定しておもしろい!すごい!相変わらず甘酸っぱい!wikiってみたらやっぱり高知県出身でした。高知県愛の作品やな~。しかし、仕事ができないし仕事がまわってこないしでモヤモヤしているわたしにはグサッとくるものが…。ああ、わたしもこれだけ仕事がんばらないかん。まぶしすぎる。

綾辻行人『十角館の殺人』

うっひゃー!読んだ人にはわかるよね。あの!一行が!すごい!ぞくーっとしましたね。気持ちがいいほどやられたーって感じです。アガサ・クリスティ『そして誰もいなくなった』からの新本格ミステリ『十角館の殺人』!やっぱりミステリ小説おもしろいです。

アゴタ・クリストフ『悪童日記』

疎開した双子のなんとも重たい内容の物語なのに、淡々と事実のみが語られるので重いのに軽くて読みやすい、けど重い、つらい。でも双子の意思がはっきりとしているおかげで読んでるほうはなぜか安心して読めてしまう。続編が二作品出てるので読みます。

●その他みた映画●

『グラディエーター』

マキシマスがあまりにもかわいそうで途中ちょっと見てられなかったです。しかしさすがマキシマス!力も強いし精神力も強い!これ映画館で見たかったな。うちのしょぼい小さなテレビじゃせっかくの大迫力が台無しですよ…。

『アイアンマン3』
そんなにアクション映画好きってわけでもないのになぜか1も2も3も見てしまったアイアンマン!当たり前ですが、映画館でみると迫力が全然違う!1と2がそこまで印象に残っていないのは家のテレビで見たせいだと思う。そして3めっちゃおもしろかった。初めてスタークかっこいいって思いました。これまでただのかっこつけてるおっさんやんって思ってたのに、ここにきて初めて魅力に気が付きました…。胸きゅんです。部品がシャキンシャキンシャキーン!ってひっついて変身するところかっこよすぎ。

『図書館戦争』
原作で堂上教官に惚れ込んでいまして、そのツンデレイケメン堂上教官を岡田くんが演じるとなれば見るしかないでしょー!岡田くんかっこよかった~~~。それに尽きる。映画はもちろんアクション中心だったので、これからラブストーリーが盛り上がるところなのにっ!と悶々としました。2あるかな。あと福岡人として宣伝するならば、岡田くんが闘いまくってた図書館は北九州市立美術館ですよ!ちょっとテンション上がってしまった。


来月はミステリー中心に読み進めていく予定(*´ェ`*)



最新記事