憂鬱なサンデーナイトこんばんは!

先週末は東京に遊びにいっておりました~!都会だ~!

主に家具屋さんをぐるぐるしました。
『500日のサマー』ごっこに憧れていたんですがそんなことは全然なかったです悲しい。
※『500日のサマー』ごっこ…映画『500日のサマー』を真似して、カップルでIKEAなどの家具屋に行き、キッチンやベッドルームやリビングなどのモデルルームで実際に二人で過ごすとしたらどんな感じになるかシミュレーションしつつイチャイチャすること。

あと、国立新美術館の「貴婦人と一角獣展」いってきた。
んもー!大興奮!一枚で幅4メートル以上のタピスリーが6枚どーんと並べられているんですから、そりゃもう大迫力ぅ!1500年頃、中世後半の作品なんてそうそう日本に来ないからうれしい。
この頃の作品ってルネサンス期なんかと比べると絵が変なんですよね。のっぺりしてて。そのちょっと変な感じが独特でわたしは大好物です。
そしてやたらと色彩豊かで派手なのも綺麗で好き。この<貴婦人と一角獣>も描写が細かいし、貴婦人が着ている衣装も派手で良いよ良いよ~!すっかりお気に入りになってしまったので、思わず<貴婦人と一角獣>iPhoneケース買ってしまった…!商売上手!
この作品はフランスのクリュニー中世美術館所蔵なので、わたしたぶん見ているんだよね…?フランスいったときクリュニー美術館に行った記憶はある、が、この作品の記憶が全然ない(笑)。そのとき修復中だったか、他の美術館に貸出中だったか、それともルーヴルに行ったあとにこの美術館に行ったせいで印象に薄いのか。むむ。
とってもいい作品だったんですけれども、ただひとつ難点を挙げるならば、今回の展覧会は展示作品が少なすぎるってことかなー。<貴婦人と一角獣>がどーんとメインで他はちょこちょこ…。せっかくなら同時代の他の作品もっと見てみたかったです。
あと、ガンダムみたことないんで詳細はわかりませんが、この<貴婦人と一角獣>は『ガンダムUC』にも登場しているとか。音声ガイドはガンダムの声優さんである池田昌子さんと池田秀一さんです。ガンダムファンにはたまらない…のかな?
参考:【ガンダムファンにも】貴婦人と一角獣展まとめ

東京は有名な作品がいっぱいきてて本当うらやましいです。ミュシャとベーコンとラファエロとダ・ヴィンチ、くうう行きたかった…(涙)

遅くなったけど先月読んだ本とみた映画まとめ。

●本●

『Story Seller3』

沢木耕太郎…StorySellerの中では2に引き続き異色のエッセイ!「人生で大切なことを教えてもらったのは男か女か?」というお話。沢木さんは女らしいけどわたしは男かな~。同性だとどうしても対抗心とか嫉妬心が出てしまうので、素直に意見を聞けるのは男の人かもしれない。でも身内だと母親の意見のほうに耳を傾けるな~など考えてしまった。
近藤史恵…1、2から引き続きロードレースのお話。ちょっと飽きてきたかも。
湊かなえ…映画「告白」はみたけれど、湊かなえさんの作品を読むのは初めて!主人公の生い立ちは暗いのにビーチの雰囲気だけがばーっと明るくてその対比が気持ちよかったです。StorySeller3の中では一番好き。
有川浩…あまりにも日常的でおもしろみが少なかったかも。小説家の日常だけの話にして途中に挟まれる短編がないほうが良かったのでは。それか短編だけとか。
米澤穂信…1の「玉野五十鈴の誉れ」が衝撃的すぎたので、今回もぞわっと怖かったけれどもうちょっとぞわぞわがほしい!足りぬ!
佐藤友哉…1も2も好きじゃなかったので、今回は読んでないですごめんなさい。
さだまさし…気持ち悪い話かと思いきや!切ない!途中本当に気持ち悪くてぞくーっとしたけどいい方向に話が進んで良かった。でも印象に残っているのは正体がわかったあのこわい瞬間ですね。

ロバート・ゴダード『隠し絵の囚人(上)』

ロバート・ゴダード『千尋の闇』がめちゃくちゃおもしろかったので、今回の新作も読んでみました。ロバート・ゴダードが作者!しかも内容はピカソの絵画!と期待しまくって読んだわりに、『千尋の闇』ほどぐいぐい引きこむ展開がいまのところ少なめ。下巻に期待!(だけどもう読まないかもしれない)

レイモンド・クーリー『テンプル騎士団の古文書(上)』

『ダ・ヴィンチ・コード』を読む前だったらこのお話も新鮮でおもしろかったかもしれない。おもしろいけど頭のなかでダ・ヴィンチ・コードがよぎっちゃっていかん。黒幕があまりにもあっさり判明してしまうところもいただけない。意外な人物でもないし。下巻はどうしようかな。

●映画●

エデンの東

ジェームズ・ディーンがかっこいい!真面目な兄さんよりちょい悪な弟が気になっちゃうヒロインの気持ち、わかる、わかるよ!あ、あのシーンなんかめちゃくちゃ胸キュンしました///(見た人にはおそらく伝わるはず)。ちなみにこの映画はおそらく家族の葛藤を描いた映画なのでかっこいいかっこいい騒ぐような映画ではないですおそらく。ラストであの人はどうなっちゃったんでしょうか。心配です。

善き人のためのソナタ

すごく良い映画だった…!文句なしの五つ星です。東ベルリンの話なんて暗いに決まってると思っていたのに意外とハートフル。いや、暗いけどね。ラストでボロ泣き。ヴィースラー全然笑わなくて顔こわいのに良い人。

カールじいさんの空飛ぶ家

最初の10分が素晴らしい。この10分を120分の映画にしたら号泣ものだったに違いないです。

ホーンテッドマンション

ありきたりのストーリーが大好物ですが、その中にもっとコメディ要素とか泣ける要素を詰め込んでほしかった。映画館でみてれば違う感想をもっていたかもしれない。うちのしょぼいテレビじゃあお化けの迫力ゼロですかなしい。

シュガー・ラッシュ

最高でした!もう!かわいい!ゲームのキャラクターというだけあって登場人物が全部魅力的。絵柄もゲームのジャンルによって違っておもしろい。音楽もゲームっぽい音楽でわくわくする!
友情モノって展開わかってるのにボロ泣きするよね。泣いた泣いた。
ひとりで映画館でみたけどこれはひとりでみる映画じゃなかった…!


四月は彼氏来福に備えてこれを機に買いたかったものを揃えたり、春服買ってみたり、徹底的に掃除したりなどと忙しくしていたのであんまり読んでないしみてないです。ブログも更新してなかったしね。あ、仕事は最近ぜんぜん忙しくないです(働け)。
来週は東京に遊びにいきます!

ゴールデンウィーク後半のメインイベントはそりゃもう有田陶器市!
初めて行きましたよ~。そりゃもう大規模で楽しかったよ~。

朝10時出発ということで一番渋滞が予想される時間帯。「あまりにも大渋滞だったら諦めようね!」という心持ちで行きましたけれども、博多から二時間半ほどで無事に到着しました。長崎自動車道ではなくて、唐津経由で行くとそこまで混まないようです。よかったよかった。
駐車場も有田駅付近だと満車になっている可能性が高いとのことだったので、有田焼卸団地駐車場に停めて、そこから無料シャトルバスで会場まで向かいました。
お昼ごはんはたいしたお店出ていないらしいという噂を聞いていたので、コンビニでお弁当買って食べました。実際ほんとうに食べ物屋さんはあんまりありませんでした…!

有田陶器市は有田駅から上有田駅までの間にぶわーっと陶器が売りだされていました。
「大規模といっても一駅区間でしょ。余裕で全部見て回れるでしょ。」なんて舐めていて本当にすいませんでした。佐賀県の一駅区間距離舐めててすいませんでした。もー、歩いても歩いても陶器陶器陶器で、前半はキャッキャしていたのに後半はもう「これ…どこがゴールなの…?」なんて泣きたくなりました。有田陶器市すごい。大規模すぎる。近くで波佐見焼の陶器市もやっていたので時間があれば行きたかったのですが、時間も体力もなく断念しました。

収穫。
fc2blog_20130505191342b29.jpg
並べて気がついたけれど、全部白い器…!
もっといろんな色買えばよかった!素敵だから全然いいけど!

来年もまた絶対行きたいな。次はもっと早朝から行ってもいいかもしれん。

こんばんは!ゴールデンウィークいかがお過ごしでしょうか。
わたしは残念ながら明日は出勤なので、一足早く連休終了です。
じゅうぶん楽しみましたので、気分もリフレッシュ!明日からお仕事がんばろうの気持ちでいっぱいではありません。働きたくない!働きたくないよ~おおおお涙涙涙。

悲しみにまかせてゴールデンウィークの思い出を振り返ります。
カムバックゴールデンウィーク。

嬉野温泉に一泊二日で行ってきました。
四月末とはいえ連休。渋滞こわいこわいと思っていましたが、びっくりするぐらい渋滞とは無縁でした。すーいすい進む進む。だいじょうぶかな、佐賀県。がんばれ佐賀県。

お安い宿だったので古びていましたが、さすが嬉野温泉だけあってお湯がぬめぬめお肌すべすべすっぴん美人の完成です。嬉野温泉のこのぬめりのあるお湯大好きです。うふふ。

帰りは嬉野にございます日本最大の秘宝館に寄って帰りました。
fc2blog_20130505191528d27.jpg
下ネタやめてください!
写真他にもあるけど載せるのやめておくね!
ちなみに館内は予算不足のせいかだいぶ古びていましたのでみんな遊びにいってあげてね。

嬉野温泉に行ったのに秘宝館の写真だけだとわたしのイメージ崩れてしまうので、ツツジの写真も載せておくね。
fc2blog_20130505191431082.jpg
PENのカメラ持って宮崎あおいになること夢みてるくせにカメラ持っていくの忘れたのでiPhone写真です。悲しい。

ゴールデンウィークは他にも遊びに行きましたけれど、そのお話はまた後ほど書きます。



最新記事