もう三月最終日。

読んだ本まとめです。

ペンブックス18 ルネサンスとは何か。

書いてある内容は基本的なことばかりなのでちょっと学ぶのにぴったりではないかと。
何より図版がオールカラーなのが嬉しい。みてるだけでわくわくします。

フィリップ・K・ディック『アンドロイドは電気羊の夢を見るか?』

1977年出版の本だとは信じられないサイエンス・フィクション!
タイトルがセンス良すぎだと思います。

Story Seller2

沢木耕太郎…この短編集ではひとりだけ浮いてましたね~!小説目当てで読み始めた人はえっ?ってなっちゃうかもしれないエッセイ。沢木耕太郎さん大好きなわたしはStory Seller2のなかで一番好きな話でした。
伊坂幸太郎…舞台の脚本ぽい書き方での心理描写がおもしろい。
有川浩…Story Seller1に引き続き今回も重いかったぞ~。お話に一番引き込まれたのはコレ。
近藤史恵…1の話のほうが好きだったかも。
佐藤友哉…苦手です。文体が苦手です…。
米澤穂信…えええーこれで終わり!?まだ続くんでしょうか?でも短編集でこれはないだろー。

米澤穂信『儚い羊たちの祝宴』

最高でした…。素晴らしい。何度でも読み返したいです。
「バベルの会」なる読書会に携わるお嬢様たちそれぞれの短編がずらり。文章が美しくて読みながらうっとりですよ!お嬢様たちの言葉遣いのせいもあるんでしょうけど。そしてなによりこわい。どのお話も最後に背筋がゾーッ。お嬢様まじこわい。そして読書好きの人がいっぱい出てくるおかげで様々な名作がいっぱい出てくるので、オッ読んでみたいな、という気分にさせられるのも良いです。超オススメ。

チャイナ・ミエヴィル『都市と都市』

最初の100ページぐらいは読むのに苦労させられました。
隣の都市を見てはいけない、<ブリーチ>、<クロスハッチ>…などの世界観に慣れるまですごく読みにくいです。100ページぐらい読むとやっと理解できるのでそこからはめちゃおもしろい。誰も知らない第三の都市、とかなんだか素敵ですよね。

大野更紗『困ってるひと』

最初から最後まで泣きながら読みました。すさまじい難病の話なのに文体はポップで暗い話なのに暗くないし希望がある。すべての人に読んで欲しい。

見た映画まとめ。

『東ベルリンからきた女』
とても良かった。とても静かな映画で内容も東西ドイツの話ともなればさぞかし暗い映画だろうなと思いながら見始めたのに、実は心あたたまる物語でした。ラストも最高。森も海も綺麗です。

『トランスフォーマー』

ロボットが変形するところかっこいい。

『ガタカ』

バレるバレるバレるバレない…うわーっバレるバレるバレるバレない…の繰り返しでハラハラです。イーサン・ホーク目当てで見たのにジュード・ロウがそりゃ!もう!かっこよかった。

『パリ、恋人たちの二日間』

パリというお洒落な響きに騙されました(笑)。
終始喧嘩してて騒がしいし、これだけ誰にも共感できない映画も久しぶりです。

『ブレードランナー』

原作『アンドロイドは電気羊の夢をみるか?』を読んで、映画版はどんな感じなのか気になって見ました。小説の内容が濃密なのでこれを映画に収めることできんやろ~なんて思っていましたが、原作の必要なところだけを映画にしてたのですごく見やすかったです。映画にしばしば現れる日本の看板が気になって仕方なかったですが。

以上、ミニ感想つきでした。

陶磁器フェア行ってきたよ~!

全国の店舗やら窯元からそりゃもう素敵な陶磁器がお買得価格でいっぱい売られてました!
会場はマリンメッセ。ブースごとにずらーっと出展されてたよ~。

普段、他の地域の窯元なんてそうそう行けないので、器の雑誌をみては欲しいなあ欲しいなあとうっとりしていたわたしにはナイスタイミングでの開催でした。

着いた瞬間からひとりでテンションはうなぎのぼり。
お祭りに到着して「どこから行こう?ねえどこから行こう!?」となるあの気持ちでした。

わたしは磁器より陶器派。んもう!陶器!かわいい!渋い!素敵!
超楽しかった~!

戦利品①
岐阜県のお茶碗。
P3211030_convert_20130321213129.jpg
黒と白の色合いがお洒落で一目惚れ。

戦利品②
山口県のお茶碗。
P3211032_convert_20130321213447.jpg
渋くてイイヨ~!手触りがまろやかなのよ。

戦利品③
北海道のコーヒーカップ。
P3211034_convert_20130321213723.jpg
このずっしりした感じがたまらない~!

まだまだ欲しいの盛りだくさんだったんですけど、お財布が寂しい子なのでここで思いとどまりました。

陶磁器を売ってるブースでは、ほとんどが実際に制作されてる職人さんが対応してくれました。職人さんとお話するのも楽しかった~。また行きたい!

会場はさすがにおじいちゃんおばあちゃんが多かったです。
そして花器が意外に人気。お花を生ける習慣がないので花器はスルーしたけど、もう春だしお花飾るのも楽しいかもしれん。枯らしそうだけど。

ちなみにいま天神では「北欧の暮らし展」をやっていて、かわいい北欧食器がいっぱい出てて、薬院では「小石原ポタリー展」をやっていて、小石原焼がいっぱい売ってるとか。行かなきゃな~!

こんにちは~!三月は忙しいですね!
仕事も忙しいし、飲み会も忙しい!我ながらサラリーウーマンっぽくて嬉しい限りです。
そんなわたわたな日々ですが、先日筥崎宮でやっていた蚤の市にいってきました!

蚤の市には初めて行きました。いや~楽しいですね~!癖になりそう!
フリーマーケットっぽいものを想像していましたが、それよりもっとガラクタだらけで面白かったです。
謎の椅子やら謎の瓶やら謎の切手やら謎の食器やらそりゃもう盛りだくさん。
筥崎宮の通り沿いにずらーっとお店が出ていまして、お客さんもいっぱいでにぎやかでした。

戦利品!
P3201019_convert_20130320123708.jpg
愛用の手帳であるトラベラーズノートを飾り付けるためにチャームを買いました。
アリスちゃんかわいい。

栞の部分には雪だるまを付けてみました。
P3201020_convert_20130320123938.jpg

あとは手作り陶器のお店で器をご購入。
P3201022_convert_20130320124135.jpg
最近は仕事でヘトヘトなので(言い訳)料理なんてする気にまったくならず、鯖の缶詰で晩ご飯を済ませているわたしがこんなおかずを三品も盛らねばならない器を買ってしまいました。これで料理するようになるよねきっと。

この器を買ったお店で素敵なイラストもらったよ~!
お買い物をするわたしたち。
P3201025_convert_20130320135925.jpg
いいねいいね~!

今度は護国神社でも蚤の市あるみたいなので、また参戦したいと思います!

二月は短いですね。あっという間に三月です。
こんにちは!平日休みだよ~!

毎月恒例にしたい本と映画まとめ。

本!

ジャレド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄(下)1万3000年にわたる人類史の謎』
『Story Seller』
デイヴィッド・ベニオフ『卵をめぐる祖父の戦争』
ロバート・ゴダード『千尋の闇(上)』
ロバート・ゴダード『千尋の闇(下)』
山田ズーニー『伝わる・揺さぶる!文章を書く』

なかでもめちゃくちゃ面白くて飲まず食わずで読みふけってしまったのが
ロバート・ゴダード『千尋の闇』!

数十年前の政治家にまつわる謎を現代の歴史家が探っていく歴史ミステリーです。
翻訳された小説って人物がごちゃごちゃしやすいししかも歴史なんて難しくなりそうなものなのに、読みやすくってあっというまに物語に引きこまれました。最高。

ひとこと感想を書きたくなったのは『Story Seller』です。伊坂幸太郎・近藤史恵・有川浩・米澤穂信・佐藤友哉・道尾秀介・本多孝好の七人が短編小説を書いています。

伊坂幸太郎さん好きなのでいちばん期待して読んだんですが、この短編はイマイチだったかな。よく意味がわからなかったです。有川浩さんはさすが!超面白かった。米澤穂信さんの作品はちょっと前に『氷菓』を読んで以来毛嫌いしていたのに、この中の短編「玉野五十鈴の誉れ」はすごく良かったです。毛嫌いしてて損しました。他の作品も読んでみようと思います。初めて読んだ近藤史恵さんの作品も爽やかで良かったな~!いろんな作家さんの作品読めておいしかったです(*´ェ`*)

映画

映画館でみた作品たち。
「髑髏城の七人」
「ムーンライズ・キングダム」
「人生、ブラボー!」
あと、TVで「大いなる陰謀」を見ました。

最高だった「髑髏城の七人」についてはもうブログで書いたからなにも言いません!(笑)
『髑髏城の七人』感想

DVDレンタルに行く暇がなかなかなくて悲しいです。
みたい映画いっぱいあるのにな。早く仕事が落ち着けばいいなあ。



最新記事