大晦日~~~~~!!!!!こんばんは!!!!!
紅白みながら今年最後のブログ更新や!

外に出るのめんどくさいなあ、家でだらだら楽しいなあ、友だちに誘われたいけど自分から誘うメンタルはないなあ、なんて考えていたらクリスマス誕生日大晦日元旦すべてひとりでした。そんな年末あらまあ!

お誕生日はツイッターで「ひとりでケーキ食べてる!さびしい!さびしい!」アピールしまくったら多くの人に祝ってもらえました。本当にかまってちゃんですいませんでした。

大晦日なので今年一年を振り返りますと、いろいろ変化があった一年だったなあとしみじみ思います。
なんといっても転職しましたし、一年間でかなり仕事できるOLになりましたし(嘘)(現実:大晦日に怒られる)、一人暮らし始めましたし、おかげで料理も極めましたし(嘘)(現実:エンドレスカレー)、遠距離恋愛スタートしちゃいましたし、なかなか会えないせいかたまに会うと「想像より実物のほうがかわいいね」なんて言われちゃうし(嘘)(現実:「実際会うと思ってたより丸いね、顔。」)、これだけの変化に耐えたわたしに大いなる拍手を贈りたいです。

できるOLのわたしは今日も明日もお仕事なので、紅白はきゃりーぱみゅぱみゅまで見たら寝ようと思います。
それでは皆様良いお年を!

デジタル化が進んだ現代社会と言えども、
やっぱり自分でごちゃごちゃ書くのが好きなので、
手帳選びは毎年の悩みでもあり最大の楽しみでもあります。
1年を共にしますからね!

来年のお供は憧れのトラベラーズノート!
fc2blog_20121225211006239.jpg
なんといっても高いんですよね…
この手帳付近を「買うか…いや、やめとくか…」と散々うろうろしたあげく、
意を決して購入いたしました。
見るだけでにやにやしちゃうわー!うふふー!

トラベラーズノートとはなんぞや?といいますと、
『旅する手帳』なんですよね。
自分らしくカスタマイズして自分らしい2013年の旅を楽しんでください。だって。
自分でシールを貼ったり、マスキングテープで彩ってみたり、スタンプを押したり、ノートを増やしたり…と、
カスタマイズが自由自在っていうのが最大の魅力です。

わたしの写真の状態は、まだなーんにもしていない状態です。
これからどうするか楽しみでなりません。
まぁわたしのことだから最初の三ヶ月ぐらいで飽きてなにもしなくなる可能性が大ですけどね…。
なにもしなくても牛革の見た目がかっこいいから良いよね!

早く使いたい~

わたしのファンの方は覚えてるかもしれませんが、
昔のブログにこんなことを書いたことがあるんですよ。

みんな、耳かきってどうしてるんですか

自分で?
お母さんに?
恋人に?

自分で耳かきするやり方がわからない私は、
「わざわざ耳かきしなくても自然と取れる!耳かきは逆に耳に良くない!」
という迷信を信じて、放置してました…

昨夜、さすがに放置し過ぎはまずいかな?
と突然思い立って、自分で耳かきに挑戦☆してみたが、
案の定、なぜか失敗したらしく、
おそらく逆に耳かきで押し込んでしまい、
左耳が聞こえなくなるという悲劇に襲われる(^O^)/
今日一日の仕事、耳聞こえなくてほんとどうしようもなかった(^O^)/

これはまずいと思って、定時ダッシュで耳鼻科にっ!
なんで耳鼻科ってあんなに怖いんやろう…
お医者さんに怒られながら
(「なんでこんなになるまで放置しとったとね!
耳のオーナーがいかん!耳がかわいそうやろ…」とか言われた…)
そしてその耳かきが痛い
めちゃくちゃ痛い
ここ数年で1番痛かった
半泣き
耳鼻科こわい耳鼻科こわい耳鼻科こわい耳鼻科こわい

そんなこんなで、つらかった治療もなんとか終わり、
お医者さんに深々お礼を言って、帰宅なうです!
生きてて良かった*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*
みなさん耳掃除はこまめにねっ(´・_・`)


こんな事件があって以来、
耳掃除して逆に押し込んじゃったらどうしよう…でもしなかったらまたこんな事件が起こっちゃう…
と悩んでいたわたしですが、
じゃあ自分で上手に耳掃除できる耳かき買えばいーじゃん!という結論に達しました。
いまどきハイテクな耳かきなんていっぱい売っているでしょ!

そこで買ったのがスクリュー型ハイテク耳かき。
普通の耳かきがこう↓なっているのに対して

スクリュー型はこう↓なってます。

絵が下ネタっぽい気がしないでもないですがそんなことはどうでもよくて、
とりあえず、耳に入れてくるくるまわす?とワイヤーらしきものに引っかかって出てくるんですよ!
くるくるするので押しこむ心配も(あまり)ない!
おかげで最近は快適耳掃除ライフを過ごしております。お勧め。
まあ、他の耳かきを使ったことがないのでなんとも言えないですけどね。

年末にこんな記事ですいません……

昨日書いた映画と同じく10作品にしようかと思いましたが、
今年はたいして読んでないので5作品にしました。
順番は適当です!!

・沢木耕太郎『深夜特急』(新潮文庫、全六巻)

バスだけでインドのデリーからイギリスのロンドンまで旅するノンフィクション作品。
この本を読んで以来、すっかり沢木さんの大ファンです。
わたしも旅に出たい…。

・ケン・フォレット『大聖堂』(ソフトバンク文庫、全三巻)

大聖堂建築を中心として描かれる架空歴史物語。
おもしろくって一気読みしました。最高。

・ジャレド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』(草思社文庫、全二巻)

サブタイトルに「1万3000年にわたる人類史の謎」とあるように、人類の歴史のお話です。
実はまだ下巻の途中です。なんといっても内容が濃いので…。
「なぜアフリカの黒人ではなくヨーロッパの白人が世界を牛耳っていったのか?」
といったような疑問を分析してます。難しおもしろい。

・百田尚樹『永遠の0』(講談社文庫)

零戦のお話。涙なしで読めません。

・高田郁『みをつくし料理帖』(ハルキ文庫、現在七巻、まだ続いてます)

江戸時代の料理人のお話。
ストーリーはライバルに邪魔されたりレシピに苦戦したりありがちなんですが、
なんといっても料理が美味しそう!たまらん!

以上5作品でした。
一巻完結じゃないものがほとんどですね。
長ければ長いほど好きです。
話が濃くなるし、しばらく楽しめますからね
寒くなってきたし、こたつでもくもくと読書がはかどりますな~

こんばんは!12月ですね。
最近は出張が多く、あっちいったりこっちいったりしてました。

突然ですが、今日は2012素晴らしかった映画10本を紹介しようと思います。
もうすぐ今年も終わるので、ちょっと早いですが。
2012とは『2012にわたしが見た映画』という意味で、『2012に公開された映画』という意味ではないです。
順番は良かった順ではないです。適当です。

・ローマの休日(1953年公開)

ブログでもツイッターでも散々書いたしいまさらレビューはもういいかな(笑)。
オードリー・ヘプバーンがそれはもうかわいい!
ローマの町並みが素敵。
ベタな恋愛ストーリーも最高でした。

・アーティスト(2012年公開)

モノクロのサイレント映画
けれどもサイレントだけじゃないのがかっこよかった。
音楽がとっても良いです。最高です。映画館で泣きながらみました。感涙。

・イエスマン(2008年公開)

すべてのことに「イエス」と答えると…!?って話ですが、
笑えるし泣けるし最高にハッピーになれる映画でした。
ズーイー・デシャネルが不思議かわいい。

・アポロ13(1995年公開)

アポロ13号の実話。
超号泣です。

・フットルース(1984年公開)

ロック・ダンス禁止の町をどうにかしようぜ!って話。
そりゃもう音楽がかっこいいいい。
若かりしケビン・ベーコン最高。

・レナードの朝(1990年公開)

精神病院で起こるお話って、だいたい暗い映画ばかりなんですが、
この映画も明るいわけではないけれど、
希望に溢れてて良かったです。

・ゴーストバスターズ(1984年公開)

あの名曲が聞きたくてレンタルしました。
よく笑った。

・最強のふたり(2012年公開)
Amazonさんにまだ出てないですが。
体が不自由な富豪と黒人青年の物語。
とても幸せな気持ちにさせていただきました。

・ラスベガスをぶっつぶせ(2008年公開)

ストーリーは王道のギャンブル映画ですが、
とにかく爽快!

・パリ20区、僕たちのクラス(2008年公開)

先生と生徒のお話。
ドキュメンタリーっぽく撮ってあるけど、
ドキュメンタリーではないんですよね、この映画。それがまた良かったです。

以上10作品!どれも最高でした!
こうやって見ると、暗い映画って全然見てないんですよね、わたし。
明るめのラインナップでした。そしてヒューマン映画大好き。
こうやって偉そうにレビュー書くほど映画みてるわけじゃないけど、
まあたまにはいいよね。また来年もぼちぼち見ていこ。



最新記事