読みました。





うあ~、おもしろかったよ……。最高。
通勤電車に乗っている時間が長いので、電車の中はだいたい読書の時間。
ラストは電車の中でボロボロ泣いた。
上下巻のたった二冊でこんな世界をつくれてしまうのか。

アフリカでの超人類の誕生と、そこに向かう傭兵と、アメリカのホワイトハウス、そして日本人の大学院生。
この全然違う三つの場所が絡み合って、最後にひとつにつながっていくストーリー性がすごい。
アフリカ、アメリカ、日本の三場面が切り替わりながら物語が進んでくれるおかげか、読んでいて飽きがこないし、テンポが良い。

あと、その背景描写がしっかりと描きこまれていて、いったいどれだけの下調べのもとでこの話を書いたんだ……と思わざるを得ない!
下巻の一番最後に参考文献がびっしり。いや、本当にすごいです……。
薬学と人類学と心理学など、たくさんの学問に裏付けられていて、物語の信憑性が増している。フィクションなのに。
どの分野もわたしは詳しくないので、読む人が読んだらもしかしたらツッコミどころがあるかもしれないけど、わたしはマルっと納得してしまうぐらい専門的だった。
そういう知識って読んでてもよくわからないけど、無性にわくわくしてしまう。

例えば、ジャレド・ダイアモンドの『銃・病原菌・鉄』はフィールドワークに基づいた人類史で、もちろんノンフィクションなんだけど、この本も結構難しくて読んでてもわからないところの方が多い。
それでも人類の謎を解き明かしていくわくわくがすごかったもんなぁ。
話はまったく違うけど、この感覚がとても似ている。

似ていると言えば、『ジェノサイド』は貴志祐介の『新世界より』に近いSFであった。
『新世界より』は1000年後の未来を描いている話で、知ってはいけない歴史を主人公が解き明かしていくようなSF小説。
謎の生物や真実を解き明かしていく雰囲気が似ているんだけど、『新世界より』はよりファンタジー色が強い感じかな。
わたしは『新世界より』もめちゃくちゃ大好きです。

そして、戦争描写のグロテスクさよ。
タイトルの『ジェノサイド』は『大量虐殺』の意味で、この小説のキーワードとなっていて、コンゴでの戦争の『ジェノサイド』、国による『ジェノサイド』、その残虐さは見たくないのにこわいもの見たさで本を読み進めてしまう。
これ、どこまであり得たことなんでしょうか……。あり得てほしくないよ、ひどすぎる。

こんなひどい戦争の中、超人類と一緒に脱走を試みる傭兵のイェーガー!
ドンパチやっている物語の舞台の反対側で、新薬開発を試みる大学院生。
正反対のことをしているのに、最後にここがつながっていくところがもう最高です。

わたしがいちばん好きで涙したのは、大学院生の研人と、韓国人留学生の正勲のコンビネーション。
ふたりが協力して新薬開発をしていき、ラストのあの展開はもう泣くしかない。
こういう友情と努力ものにわたしは本当に弱い。
ふたりともめちゃくちゃかっこいいです。
こういった成果と、ここまで至る経緯を知った研人が、初めて父親のことを知っていくところなんて、ベタだけど本当に良いですね。

久しぶりに最高のエンターテイメント体験してしまったです。

これが叙述トリックというやつかー!!

殊能将之『ハサミ男』

『ハサミ男』は日本のミステリーではだいぶ有名な作品なんだけど、タイトルと表紙のおどろおどろしさで敬遠していました。
もっと早く読んでおけば良かった。

少女を殺して喉にハサミを突き刺すハサミ男
狙ってた女の子をなんと模倣犯に先を越されちゃって、本物のハサミ男が第2のハサミ男を追うという、最初からおもしろいストーリー。

ハサミ男は誰なのか、もうひとりのハサミ男も誰なのか、殺された少女の私生活は!?とそれを考えながら読むだけでおもしろい話だったんだけど、後半のあの展開で、この作品が有名になることに納得。
これが普通に犯人判明だけだと普通のミステリーだもんね。

あの展開を最初全然理解できなくて、戻って読み返してもわからなくて、先に読み進めて読み終わって目から鱗で、そしてもう一回読み返して「うわー!じょじゅつだー!」となりました。

犯人があの人なのは反則技な気がするし、ちょっと無理もあるけど、この小説ではそのあたりは重要視しなくていいかな。

そして医師のお話はちょっとまだるっこしい。
作者が医師の言葉にこそめちゃくちゃ力を入れて哲学的にあえて表現してるっぽくて、わたしは好みではないかな。
そのあたりはすっ飛ばして読んだ笑。

名作と呼ばれるミステリーはやっぱりおもしろい!
電車の中での読書はちょこちょこ続けていこ。


真保裕一『奪取』上・下巻を読みました。





最高におもしろかった~~~!!!!!
久しぶりの一気読みです。

偽札を作って敵に復讐する話です(ざっくり)。

なにが最高かと言うと、まず登場人物がみんなかっこいい。
主人公の道郎はヤクザに全然ひるまないでむしろからかっちゃうぐらいの度胸なのがかっこいいし、頭も良くて、情にも厚い。
パソコンや機械の技術を活かして偽札作りに没頭する姿も惚れぼれしちゃうし、これはおまけだけど女にも一途。
いやもうかっこよすぎるでしょ…。

相棒の雅人もドジだけど物事にまっすぐ突き進むところ大好きだし、一度は裏切ってしまった道郎のところに戻ってくるところなんてもう泣けちゃう。

幸緒も気持ちが良いぐらいサバサバしていて、この子もまた一途でかわいい。
偽札作りに全面協力!最高の彼女じゃないですか…。

じじいのコウさんは登場シーンがかっこよすぎてですね。
あの「なにもかもお見通しだぜ」という登場の仕方に感激してしまった。
最後までワイルドでかっこよかった涙。

登場人物が魅力的なのはもちろんなんですけど、偽札作りの工程がめちゃくちゃ詳しく書かれている小説で、これがまたすごくおもしろかった。
詳しすぎて途中流し読みになっちゃったけど(笑)、やっぱりあの詳しさがないと小説に真実味が出ないし、なければならない描写だと思います。

あと良かったのは、なんといっても物語の爽快感かな。
ヤクザを打ち負かしていくところがめちゃ気持ちいいし、前向きな登場人物たちも読んでいて元気が出てくる。
偽札作りの工程を一つづつクリアしていくところもまた爽快!
ラストの終わり方も爽快で、道郎たちはお金持ちになることを目的としているわけじゃなくって、本当に偽札作りそのものを楽しんでいるんだなと。
読みながら自分の仕事への姿勢について考えてしまった(笑)。

次は真保裕一『ホワイトアウト』読みます。

朝井リョウ『少女は卒業しない』を読みました。


結論から言うと、号泣でした…。
三月末から四月頭に読むのはダメです。
この時期のいろいろな別れが頭をよぎって感情移入してしまって切ない。苦しい‼︎

『少女は卒業しない』は取り壊される高校の最後の卒業式を、七人の少女の視点で描いた短編集です。

内容は正直言って陳腐だと思います。
少女漫画にありがちの、先生と生徒の恋とか、ちょい悪の男の子と真面目な女の子の幼馴染とか、送辞で告白とか、恋人の死とか。
よく描かれる割に「いやいや、現実でそれはないでしょ…」みたいなね。

そんなありがちな内容の小説なのに、こんなにも一頁ずつゆっくり読みたくなってしまうのは、避けられない別れの寂しさや希望みたいなものが文章から溢れ出しているからです。共感しかない。

ずっと変わらず一緒にいられるなんてことはないこと、別れはいつか絶対にやってくること、「またいつか会おうね」なんて言っても、結局二度と会えないこと、会えない生活にいつかはきっと慣れてしまう、それがすごく寂しいこと、そんな別れの心境が「卒業」に集約されていて、学生生活から離れて数年経つわたしでも胸が締め付けられるような思いでした…。

わたし自身、学生の頃の「卒業」で「別れ」をひしひしと感じることは実はありません。
いまはメールもSNSもあるし、会いたければ会えるでしょ、と思っていたし、何より会えなくなることが寂しくてつらくて耐えられないほどの人に出会ってきませんでした。
というか、ここでの問題は男女関係なんですよね。
友だちなら卒業してもいつでも会えるけど、わたしの場合、異性ってなかなか難しい。

むしろ社会人になってからの方が別れがつらいです。
お世話になった上司が退職したとき、友だちと違って、上司だし男性だし、今後連絡を取ることも会うこともそんなにはないだろうと思うと、悲しくてどうしようもない気持ちでいっぱいになりました。

『少女は卒業しない』の最初の短編『エンドロールが始まる』の中で、「この本を返したら、先生と生徒という関係さえなくなって、私は先生と正真正銘の他人になる。特別な理由でもなければ、毎週金曜日に先生に会えなくなる。それぞれ別々の、ふたつの春が始まってしまう」という文章があるんですが、これはこの話の先生と生徒の関係だけじゃなくて、すべての人間関係に言えることですよね。
いまいる場所から離れて、それぞれ別々の道に進むということはなんと寂しいことなのか。

このあたりの気持ちがわかりすぎて涙がとまらなくなるので、三月の別れを引きずっている人は是非読むといいと思うよ。

『桐島、部活やめるってよ』を読みました。


あああ~~~~~~高校時代のいろんな思い出が頭をよぎって苦しかったよおおお。
認めたくなかったんですけど、わたし朝井リョウさんの小説めっちゃ好きかもしれない。

高校の教室の雰囲気、何気ない会話、体育館の部活の風景、お昼休みのお弁当、全校集会、すべてが懐かしくてキラキラしているけど、あの「高校」という狭くて息苦しい空間を思い出して、もう二度と戻りたくないと悶えました。

あのときはあの教室がすべてで、そこでうまく馴染めなかったら全部が終わると思っていたし、そこで中心になることがステータスだったし、どこのグループに属するかは最重要課題だった。

わたしの高校時代は全然冴えなかったので、もうあんな息苦しいのはこりごりです…。
スポーツができたら「上」とか、ブスだったら「下」とか、制服を着こなせれば「上」とか、恋人がいれば「上」とか、いま考えるとめちゃくちゃくだらないし、そんなことで人を判断することなんてできるわけないのに、どうしてあの頃はそんな風に人をランク付けしていたんだろう。
わたしは「上」になりたい「下」の人間だったので、そのことを思い出して胸が苦しいです!

高校のときはわたしもすっかりスクールカーストに翻弄されていたので、クラスの中心になっているような男の子に憧れたし、「わたしそんなにブスじゃないし、がんばればいけるのでは?」とか思っていた。ぶん殴りたい。

小説の中の前田くんは冴えない映画部の男の子なんだけど、好きなものに熱心で誰よりも輝いていました。(映画を先に見たので前田くんは神木くんで脳内再生されています)
おそらくわたしが高校のときも「前田くん」みたいな人はたくさんいたはずなのに、目に見えることだけで判断して、その人の芯の部分を知ろうともしていなかった。
小説の中ではリア充の宏樹くんがそのことにハッと気がついて、わたしもこういう風にあのとき気がついていたらどんなに良かっただろうとすごく眩しかった…。

結局高校生の頃ってまだ子どもで、人を見かけとか人からの評価とか、そういったことでしか人を判断できない。…と思っていたけど、大人になったいまでもそういった判断ってまだ少し残っているんだよね。
わたしはすぐ「キラキラ女子め!」とか「Facebookでリア充アピールしやがって!」とか思ってしまうし、これも結局上辺だけでしか人を見ることができていないんだよなぁ。大切なものを圧倒的に見落としている気がする。

でも、大学生になって、社会人になって、そういった「上」「下」のランク付けから、多少は抜け出せたから、やっぱり大人になるってサイコーだよなと思います。
高校生はもうごめんだ。

ちなみに、映画の『桐島、部活やめるってよ』とは完全に別物でしたね。
いや、基本的には同じだけど、映画はラストのあのシーンがメインだから、そこが決定的に違うかな(笑)。
でも映画見て、原作も読んで、やっと映画のラストシーンがしっくりきたような気もします。初めて見たときは全然意味がわかんなかったので。

朝井リョウさんの小説完全に好きなので、引き続き別のも読もうと思います。



最新記事