『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』見てきました。
もう最高!最高!最高!
1も最高だったのに、さらにそれを上回る2でした。

まずオープニングからめちゃくちゃかっこよかった。
1のオープニング(『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』ってロゴがドーンって出るところ)もかっこよくて、正直オープニングだけで大満足と言ってもいいくらいなんだけど、2のオープニングも、オープニングだけで大満足ってぐらいでした。
あの怪物と戦う緊迫したシーンであのポップな曲と、踊るグルート、もう楽しい!!!!!

いや、2も絶対1と同じ感じのオープニングにしてくるだろうと予想はしてたけど。
この映画はもう音楽映画だよね。
今回は特に前作よりも音楽が多用されていたような気がするけど気のせいかな。
より明るめの曲が多くて、ハラハラさせるシーンもポップで明るく、それがまた主人公のクイルの人柄とぴったりで超素敵。
映画見てからしばらく我慢してたけど、結局我慢できなくて先日サントラ買ってしまった。

そしてリミックスでは映像もさらにグレードアップしてた感じする。
オープニングの怪物から迫力があるし、黄金の惑星とその惑星からの攻撃(ゲーム感覚での攻撃っていうのが未来感あってここも楽しかった)、エゴが作り上げた惑星、すべての映像が鮮明でどの星もものすごくきめ細やかで綺麗。
正直、「お金かかってるな~」と思った笑。マーベル稼いでるんだろうな~。

登場人物もさらに魅力アップしてた
グルートがかわいいのは、わたしがわざわざ書くまでもないでしょ!
超超かわいいし、大活躍。
今回の敵のひとり、テイザーフェイスもかわいいって言っちゃうのわかる、わかるよ。

そして何よりヨンドゥでしょ~。
リミックスは完全にヨンドゥが主役でした。
あの矢を飛ばしまくるシーンが名シーンすぎて、何度でも見たいです。スカッとするなぁ。
最後のあのお別れシーンも映像綺麗だったな~。ああ、でも悲しい。あの活躍をもう一回見たいのに!

クイルは今回超かっこいい!って感じでもなかったんだけど(振り回されてたね)、わたしはクイルが大好きなので、もうそれだけで良いです(?)。
お父さんとのやり取り、最初は「お決まりの家族愛か~、めんどくさいな~」と思いながら最初は見てたんだけど、うまい具合いに裏切ってくれてよかったです。
まさかお父さんがあんなだとは。
クイルが「こんなのが父親だぞ!」みたいに言ってたとこめちゃ笑った。

ガモーラとネビュラはまさかの姉妹愛!笑
ネビュラのほうが動きとか強そうな感じするんだけど、ガモーラの方が強かったのか。
ネビュラは実はお姉さん大好きだったんだね。
なんとなくマイティ・ソーのロキを思い起こさせるよ。ひねくれた愛情!

ロケットは罠をはるところが最大の見せ場かな。
あのシーンもテンポよくて好き。
そしてロケットは憎まれ口にキレがあっていいよ、グルートとのコンビが健在で良かった。
続編あたりでロケットの過去とかやってくれないかな?

ドラックスとマンティスは今回のリミックスの癒やしでした。
ふたりが天然なおかげで、映画の緊迫感がかなり和らいだと思うよ。
まさかドラックスが癒やしポジションになるとは笑。

しばらくサントラ聞きながら映画を思い出そうと思いますが、聞けば聞くほどもう一回見たくなっちゃうな。困った。

『人生フルーツ』見てきました@ポレポレ東中野

「おいしそうなご飯の場面が見られる」との噂を聞いて、たぶんわたしが好きなタイプの映画だ!と直感して見に行ったので、ちょっとこんなに号泣するつもりではなかったです。

ドキュメンタリー映画なので、ネタバレも何もないので全部書くね。

TBSラジオの『東京ポッド許可局』が大好きで毎週聞いていて、その中で紹介されていたのがきっかけで見に行きました。

ラジオの中では「ご飯映画だ!餅食べたい」などなど絶賛されていたので、お料理は苦手だけどお料理番組大好きなわたしは即見に行くことが確定しました。

というか、この映画主演の津端夫妻は、NHKの『きょうの料理』でもたびたび目にしていて、自分の家の畑で栽培して料理して生活する様子が素敵でもともと結構好きだったのでした。

とある家で畑を耕しながら暮らす津畑夫妻の日常生活、それだけの映画です。

『きょうの料理』で見ていたので知ってはいたんですけど、畑の作物に旦那さんの秀一さんが立て札をやたらと立てていて、それがめっちゃかわいい。
「おくら おいしいよ!」とか、「ここは危ない!」とか。
映画の冒頭そんな場面からスタートして、いきなり秀一さんの作物と英子さんへの愛情みたいなものを見せられて、開始5分で泣いていた……。
イラストも全部かわいい……。

楽しみにしていたお料理は全部おいしそうで、この映画を見るとめちゃお料理がしたくなります。

さくらんぼのヨーグルトに、コロッケ、大きいプリン、まだまだ、たくさん!

英子さんはコンビニには行かず、必ず「人から」食べ物を購入するらしい。
自給自足に、八百屋さんに、お肉屋さんに、魚屋さん。

英子さんは生きているものをいただくということにとても感謝していて、雑な生活をしている自分が恥ずかしくなるほど。

この映画を見ると、ひとつでもいいから真似をして、丁寧にご飯が作りたくなります……。
なかなかできないんだけど……。

『東京ポッド許可局』の中でも言ってだけどこの映画は「自然の中で暮らす穏やかなスローライフ」だけでは済まされない秀一さんの思いが伝わってきて、穏やかな暮らしって良いなあと一言では言えない。

秀一さんは建築の世界に見切りをつけたというか諦めたというか、自然の中の暮らしはもしかしたらみずから望んだものではないかもしれない。

秀一さんのかつての同僚みたいな人が出てきて「あんなスローライフみたいな暮らしをするなんてね」みたいな寂しそうな気持ちをポロッとこぼされていて、秀一さんは優秀な人だったことがよくわかったし、期待されていたのにその世界から一歩身を引くことはつらかったんじゃないかなと勝手に思いました。

でも人生の最後にまた建築の仕事に関われたようで、それは本当に良かったなとまた泣きました。

草むしりが終わって、お昼寝して、そのまま目覚めず亡くなるなんて、理想の最期なんだけど、やっぱりつらくてめちゃくちゃ泣いた。

あと、シルバニアファミリーの家がすごすぎる笑。
その家が出てきた瞬間に館内がざわつきました笑。

最高の映画だったんですけど、強いて言うなら、ナレーターが頻繁に「こつこつ、ゆっくり」って言うのはいらないなーと思ったかな。
夫婦の生活をどう受け取るかはわたしの自由だし、ナレーターにそれを強要されたくはなかった。
それ以外のナレーションはとても良いです。

あと、お料理のシーンがわたしはとても好きなので、もっともっとお料理シーン欲しかった笑。

丁寧な暮らしとかスローライフとか夫婦の愛とか、そんな簡単な言葉ではまとめられない日常生活がぜーんぶ詰まってて、ずっと見ていたい映画でした。

ポレポレ東中野って小さな映画館だけど、ほぼ満席で賑やかでした

待望の『ドクター・ストレンジ』見てきました!!

とりあえずわたしはカンバーバッチのことが大好きなので、もうカンバーバッチが出演しているだけで最高の映画です。
いや、所詮わたしはスタートレックイントゥダークネスも見てないニワカなんですけど……。それは置いといて。

ここがかっこいいよカンバーバッチ①
音楽クイズしながらドヤ顔でオペするところ、お得意の天才キャラが輝いていてときめきました。

ここがかっこいいよカンバーバッチ②
スーツに身を包んで、たくさんの高級時計から今日の講演会に合った時計を選び、かっこいい車を飛ばすところ、似合いすぎる。

ここがかっこいいよカンバーバッチ③
アガモットの目を使ってりんごをグググッてしてるところ。
天才っぷり出ててかっこいいし、はしゃいでる感じも素敵。

というわけで、こんなに素敵なカンバーバッチを大画面で堪能できることが幸せでした……。

正直言って、ストーリーは二の次で、カンバーバッチを愛でる映画だと思います。
しかし、カンバーバッチをもっと愛でたいわたしとしては、カンバーバッチ扮するドクター・ストレンジはもっと強い方が良かったなぁ。
持ち前の天才と傲慢っぷりを発揮して、バンバン能力使って、敵も味方も倒しまくってくれても良かったのよ。
実際のドクター・ストレンジはまだ修行し始めだから仕方ないけど全然弱くて、強いのはマントとアガモットの目っていう。
物足りない!物足りないよー!
「ここがかっこいいよカンバーバッチ」に肝心の戦いのシーンが入れられなかったのはこういうわけでした。
しかし、続編もあるみたいだからこれから超強くなるのかな。
期待するしかないぞ。

ラストでソーが出てきて、ロキのこと話してたから、次はカンバーバッチとトムヒの共演でしょうか?
ときめきすぎて死ぬかもしれないです。

しかし、あの空間をガタガタにする能力が映画としてはぴったり。
あとエンシェント・ワンが見せる「世界」もものすごい。
今回特に3Dで見たので、迫力がすごすぎて軽く酔いました。
もはや3Dで見たくないです。

オープニングの戦闘かっこよかったねぇ。
エンシェント・ワンが強くてうっとりしちゃったので、ドクター・ストレンジにもこれぐらいがんばってほしいです。
しかし、エンシェント・ワンあんなに強かったのに最後あっけなかったので肩透かしだなぁ。

あと、ラストのアガモットの目でドルマムゥを追い詰めるところ、わたしの頭が悪いのか、どうしてそうなるのかいまいちわからなかった……。
時間を巻き戻してどうにかしているということ?

と、いろいろ気になるところもあるし、物足りなさも感じたけれど、最初にも書いた通り、そんなことはどうでもいいです。
カンバーバッチかっこいいよ~!
今後のアベンジャーズが楽しみ

『傷物語〈III 冷血篇〉』見てきました。
tnfigkizu001.jpg

Ⅰ、Ⅱ、Ⅲと見てきたけど、さすがラスト!一番おもしろかった。
Ⅱがあっけなく終わってしまって、「え?なんで?」状態だったけど、それも解決されて良かった。
阿良々木くん強いよ~。
そして忍ちゃんが『化物語』でなんであんなに全然しゃべらない女の子だったのか、それも理解できた。

ただし、吸血鬼同士の戦いとかあのもぐもぐシーンとか、ちょっとグロテスクでね……。
わたしは2回は見ることはできないかな……。
でも、そんなグロいシーンもお洒落、というと言い方は合っていないかもしれないけれど、物語シリーズっぽい表現の仕方でおもしろかった。あの首びゅんびゅんシーンのところね。

いや、しかし一番の見どころは羽川さんかな。
あのシーンいる!?いや、いるよね……笑。
羽川さんあんなにおっぱい大きかったっけ!?
彼氏と一緒に映画を見に行ったのですが、あのシーンのとき彼氏がわたしの胸元を見て溜息ついてたのでグーでパンチしました。

これで阿良々木くんと忍ちゃんの過去もわかったことだし、『化物語』もう一回見たくなるなぁ。

元日に『この世界の片隅に』見てきました。
320.jpg

わかってはいたけれど、号泣映画でした。戦争だし。
だけど、戦争云々よりも、戦争の中でも、それこそいまのわたしたちと同じように、日々の生活を送っている情景のほうが印象的な映画でした。

とにかくすずさんかわいい!あのあちゃーって顔大好き。
そして今回の声優ののんさんが良いって噂には聞いてたけど、本当にすずさんに合っていてよかった。

『この世界の片隅に』で一番印象に残ったのは、すずさんのお料理シーンでした。
身近にあるもので工夫しながら料理する様子を見るだけで、生きるってこういうことだよなと思わされるし、戦況がきつくなるにつれてご飯も十分に食べるのが難しくなるんだけど、それでもすずさんが試行錯誤する様子がかわいいし、日々の生活って食べることだよなと改めて思ったりしました。

すずさんがこうやって懸命に生きている中、時々爆弾の音がドーンって大きな音で響き渡るところが何度もあって、これは本当にこわい。
だけど、このシーンをすずさんの頭の中の描写で、不思議ときれいに見せてしまうんだからな~。

一番最後のエンドロールのところで、その後の話みたいなのがイラストで流れて、さらにクラウドファンディングに協力した人たちの名前も流れたの良かった。
この映画に協力できるって素晴らしいことすぎるでしょ。エンドロールで泣くっていう。

ああ、あと音楽も良かったね。
コトリンゴさんだったかな。

新年早々良い映画を見ました。
新年に見る映画かはわかりませんけど……。



最新記事