「2018年の」というか、四年連続でデルフォニックスです。


来年は緑!

めちゃくちゃ気に入ってる

お気に入りポイント。

①A5サイズ
チケットとか、ちょっとした書類を半分に折ったやつとか、ぴったり挟める。
小さい手帳に憧れた時期もあったけど、
いまのところこの大きさがベスト。

②ウィークリーのホリゾンタル形式

こういうやつね。

わたしは左側に日記、右側には主にチケットの半券を貼ったり、メモをしたりしている。

ちなみに日記は毎日書くのは当然続かないので、
わたしは週に1回程度、思い出しながらまとめて書く方式です。
しかも2行ぐらいしか書かない!
この日記の書き方に意味があるのかはわからないけど、
このやり方でもう何年続けてきたかわからない……。
毎日は無理でも、書くのは楽しい!
1日1ページの手帳を買ったこともあったけど、
案の定全然使いこなせなかった……。

③マンスリーが大きい

一番使うところだからね。
いろいろ書ける。

④余白のメモページが多い。
一番後ろのページに20ページぐらい真っ白のページがあって便利。
わたしは仕事用のメモに使っています。
打ち合わせには大体持っていく。

というわけで、わたしの理想の使いやすい手帳なのです……。

わたしはプライベートと仕事がごちゃ混ぜの手帳なので、
落としたらかなりヤバいんですけどね!
仕事バレ、黒歴史バレ。

Delfonics Diary 2018

最高~~~!!!!!!!!!!

アベンジャーズに関わる全てのシリーズの中で、
もう断トツナンバーワンです

とは言っても、これまでわたしのナンバーワンは『マイティ・ソー ダークワールド』だったので、
単純にマイティ・ソーシリーズ(と言うかロキ)が好きということもある。

ネタバレ感想書くぞ!
[ 続きを読む ]

ジムに行き始めてたぶん1年ぐらい経ちました。
ジム楽しすぎるので、近日中にジムの名前も全部出して愛を書きなぐろうかと考え中……。

多いときは週4行くこともあったけど、
最近はさすがにグッとこらえて週2、3にしています。
というか、週2ぐらいにしないと他のことが何もできなくなってしまう……!

1年通い詰めた結果は以下の通り。

体重:−3.3kg
筋肉量:+3.2kg
体脂肪量:−6.6kg
体脂肪率:−12.3%

順調~!!!!!

先月は実は筋肉量ダウン、体脂肪率アップという残念な結果だったんだけど、
1年通して見ると悪くない結果かな

ジムは、出るプログラムも自分なりに決まってきたので、
だいたい、月・水・土日どっちか、という感じで通っています。
好きなプログラムがない日はもはや行ってないです。
自分に甘くてどうしてもひとりでトレーニングできないので、
プログラムに絶対出るしかないのです……。

体脂肪率もかなり減ったので、
そろそろ筋肉量増やしたいなと思って、
食事や運動にかなり気を使ってるんだけど、
筋肉は本当に増やすのが難しくてくじけそう

今日もいまから気合い入れてジム行ってきます。

行ってきました。
感想が随分遅くなってしまった……。



も~最高でした!!!!!
髑髏城の感想書くと、いつもこうなる!!!!!

なにより松山ケンイチがとっても素晴らしかったです。

今回の松ケン演じる捨之介は、これまでの花・鳥と違って、とにかく足を使いまくる殺陣でした。

足さばきがとっても軽やかで見ていて気持ちがいい!

松ケンは劇団☆新感線では『蒼の乱』に出演していて、
そのときは殺陣がうまいなんて正直感じなかったし、
たいしてかっこいいとも思わなかったんだけど
(これは完全に役柄のせいでもありますが)、
今回の髑髏城では抜群にかっこいいし、
キレもあって、ものすごい運動量だったと思います。

パンフレット読んでたら、
最近ムエタイを始めたと書いてあったので、
その成果もあるのかな。
とにかく俊敏な動きがすごい!

『蒼の乱』のときより確実にパワーアップしていました。

今回の髑髏城は松ケンパワーに尽きるかな。
髑髏城では久しぶりの一人二役もバッチリこなしていて、
本当に素晴らしい役者さんだと感動しました……。

風髑髏に関して言えば、他の役者さんはもうひとがんばりほしかったかな~。

これはいろんなところで書かれていたけど、
蘭兵衛役の向井理が、かっこいいだけにもったいなかったな~!
わたしが風髑髏を見たのが9月末なので、
終演ごろには良くなっていたと信じたいです。

殺陣をちゃんとやっているはず、
舞台にもきちんと立っているはずなのに、
どうしてこんなに棒立ちっぽく見えてしまうんだろう。

台詞も残念ながら棒読み……!

舞台慣れしていない俳優さんなので仕方ないけど、
もう少しなんとかならんかったのかな。

ああ、でも松ケンと向井理の口移しシーンは最っ高に良かったですね。
今回は1回目普通にキスしてからの2回目口移しだったからビックリ!
口移しのためのキスではなく、
1回目は普通のラブシーンでしかなくて、
とてもドキドキしました。

蘭兵衛の天魔王への想いは、
織田信長への想いと重なって、
恋愛感情にも近いほどの憧れであることが伝わってきて、
とてもときめくし切ない良いシーンではないでしょうか!!

スラッとしていて、
顔も尋常じゃないぐらい小さくて、
存在感は抜群にあって、
すっごくかっこいい向井理くん!
今後絶対良くなると信じているので、
これからにとても期待しています!!

そして橋本じゅんの贋鉄斎。
すっごくおもしろかったです笑。
贋鉄斎パートは相変わらず癒されるなぁ。

橋本じゅんと松ケンはそういえば『蒼の乱』でも共演していて、
『蒼の乱』ネタが見られたのは劇団☆新感線ファンとしてはすっごくうれしかった!

そして「いまはなんと名乗っているの?L?」はめっちゃ笑った。

おもしろかったんだけど、贋鉄斎が男の子好きっていうキャラクターは、
わたしはあんまり好きではないです。
どうも男の子が好きってことを小馬鹿にした感じが出ているんだよなぁ……。

極楽大夫役の田中麗奈は、
いつもの髑髏城の極楽大夫より子どもっぽい感じはしたんだけど、
この人柄は人柄で、極楽大夫として新鮮でした。

というわけで、言いたいことはたくさんあるけれど、トータルで最高でした。
次は月髑髏!
上弦も下弦もチケット入手済みです。
あぁ、楽しみ。


行ってきました!
スーパー歌舞伎セカンドワンピース!



ワンピース歌舞伎は2015年に新橋演舞場公演を見たので2回目。

前回もとても楽しかったので、
今回もまたバージョンアップしてるんだろうなぁと楽しみにしていました……ところに、主演の猿之助さんの怪我です。

最初にニュースを聞いたときは、
猿之助さんの明るいメッセージを見て、
軽い骨折ぐらいかと思ってたのに、
左腕を複数箇所骨折、手術も複数回行うらしい……。大怪我ですね……。

そんな中、前向きなメッセージを残してくれた猿之助さんの思いですよ!!

もともとわたしは今回猿之助さん主演バージョンではなくて、
特別マチネの右近くんバージョンのチケットを取っていたのですが、
猿之助さんはシャンクスで登場する予定だったし、
ワンピース歌舞伎を作り出した猿之助さんにはやっぱり舞台にいてほしかったのでショックでした。

どんな舞台になるか不安も感じていたんですけど、
結果として、そんな不安もぜーんぶ吹っ飛ばすとてもとても楽しい舞台でした!!!!!
猿之助さんは見事に若手の役者さんに託されたんだなぁと感激です。

全体的な感想から言うと、
まず、前回のワンピースより派手さが増していました。

ハンコックなんて完全に小林幸子だったし笑、
登場人物も随分増えていました。
バギーとかクロコダイルとか、頂上決戦らしく華やか!
あれ、2015年はいなかったよね……?いたっけ……?いたらごめんね……。

わたしは今回花道のすぐ近くで見たので、
迫力も感動も以前より数倍増し!
派手さが増したと感じたのは、
良い席で見たおかげでもある。
というか、完全にそのせいだよね笑。

花道の近くって本当に最っ高でした……。
巳之助くん演じるボンちゃんの姿を、
表情までしっかりと見ることができたおかげで、
熱演っぷりがヒシヒシと伝わってきて、
感激もひとしお。
動きの切れ味がものすごいよ……。

前回ワンピース歌舞伎を見たときは完全にサンジ(隼人くん)推しだったんですけど、
今回はこんなに近くでボンちゃんの姿を見たせいで(ボンちゃんはとにかく花道で活躍する)、
いまめっちゃ巳之助くん好きです。

歌舞伎役者さんってすごいんだなって、
当たり前のことをしみじみ感じてしまいました……。
いっつも遠い安いお席で観劇することが多いんだけど、
たまには贅沢して花道の近くがいいね。

本水での立廻りは相変わらずのど迫力。
水を避けるようのビニールが配られるぐらいの近くのお席で最高。
残念ながら水はかかりませんでしたが……(かかりたかった)。

あれって改めて思うけど、めちゃくちゃ危なくないですか!?
水が滝のように流れている階段に立ち上がってポーズ決めるって、
滑ったら大怪我じゃないのかな。
そんな状態の中、ビシッと決めてくれたイナズマ(隼人くん)とボンちゃん(巳之助くん)!!
拍手喝采でした。

二幕目のラストは右近くんの宙乗りと、
ライブのような音楽で大盛り上がり。

前回は二階席だったので気がつかなかったんですけど、
一階席は本気のファンが多くて驚きでした。
グッズに身を包み、役者さんたちにキャーキャー黄色い歓声!
完全にライブじゃん!

今回のワンピース歌舞伎では、舞台を盛り上げる専用グッズのタンバリンなんかも販売していて、
これを叩いて会場全体を盛り上げるような形式になっていました。

実を言うと、こういった演者と観客が一体になる(ならざるを得ない)ような演出は、
わたしはちょっと苦手なんですけどね……。

わたしは舞台は舞台として見たいし、
観客に盛り上がらせて、
舞台がすごく盛り上がったように見せる演出は、
なんとなく見せかけのような気がする。
いや、盛り上がったんですけどね。
手拍子ですらちょっと怯むのがわたしですよ!

それは置いといて、今回は隼人くんのマルコも宙乗りしてたね。
これも盛り上がったしかっこよかった!

そしてなにより今回ルフィとして主演の右近くん。
お恥ずかしながらわたしは知らない役者さんだったんですけど、完全にルフィを演じ切っていました。
歌舞伎どころか演劇全体でさえ、まだまだそんなに見たことがないので、
役者さんのどこが良いとかここが違うとかよくわからないんですが、
正直、猿之助さんと遜色ないぐらい完璧だったとわたしは思います。
演出は猿之助さんなので、ワンピース歌舞伎自体が猿之助さんの功績なんだけど、
演技だけで言えば右近くん最高でした!
早替りも宙乗りも立ち廻りもパーフェクト。
猿之助さんがいない中、本当に大変だったと思います。
おつかれさまですと言いたい。

総じて、とっても楽しい舞台でした。
ワンピースの頂上決戦以外もいつか見てみたいな。
パンフレットで、「尾田栄一郎先生にワンピースの歌舞伎オリジナルを書いてもらいたい。」みたいな話題も出てて、
それもおもしろそうだなと思いました。


おつかれさまでした!



最新記事